カテゴリー別アーカイブ: オススメ英語動画

英語手話も一緒に☆"My Valentine"、私の特別なひと。

今日はヴァレンタイン・デーということで、
ポール・マッカートニーの”My Valentine“の動画です。

このMVではなんと、ナタリー・ポートマンとジョニー・デップが歌詞を手話で👏伝えています!

Paul McCartney’s ‘My Valentine’ Featuring Natalie Portman and Johnny Depp

音声+手話があるから内容がわかりやすいかな。
手話は言語(地域?文化?)によって違うそう。
日本の「愛する人」とか「愛してる」はこぶしをもう一方の手で「よしよし」するような仕草なのですが、
英語(アメリカ)だと、「愛」は腕を胸の前でクロスする、相手を抱きしめるような形になんですよね。

私としては、0:42付近の”As days and nights….“のところの手話表現に「なるほど~!」と感動しました。
昼と夜・・・太陽の動きを表しているような動きです。

他にも、0:16 “We didn’t care”(気にしない)とか、
1:11 “for life”(一生)の表現も面白かったですよ。
ぜひ歌詞に注意しながら見てみてくださいな。

歌詞>>Paul McCartney’s ‘My Valentine’

この”My Valentine”は、手話ではハートマークで表されていますね。
「愛するひと」「大事なひと」と言ってもいいんだけど、
「特別なひと」の方が合うかなーと思いまする。
何故かというと、この言葉は両想いの相手という感じがあるから。

告白の表現で、
Be my valentine.
Will you be my valentine?
「私の特別な人になって」という表現があるんです。
こんな感じで、メッセージカードにも使われたりして。

val

日本のヴァレンタインは女性からが基本というイメージですが、
英語圏では男女どちらからでもOKです。
(他の地域ではどうなんだろう?)

恋愛に限らず、家族やお世話になっている人に贈り物をするようですが、
日本の「義理チョコ」的な残念感はなく、
広い意味での「愛」や「感謝」を伝える日、という感じがします。

恋愛の「愛」じゃなくても、愛を伝えられたら嬉しいじゃーないですかにゃはっ♪

ではでは、素敵な週末をお過ごしくださいませバイバイ

 

セクシーな英語アクセントランキング☆

WatchMajo.comによる、「最もセクシーな英語アクセント(訛り)ランキング!
どんな英語がランクインしているのかな・・・



まとめると、こうなっていました~。

1. 🇪🇸 Spanish スペイン語風
2. 🇫🇷 French フランス語風
3. アイルランド共和国 Irish アイルランド風
4. Italian イタリア語風
5. British 英国風
6. Swedish スウェーデン語風
7. Australian オーストラリア風
8. German ドイツ語風
9. Bajan Creole カリブ海のバルバドス風
10. Brazilian Portuguese ブラジルのポルトガル語風

英語ネイティブの中でアイルランドがトップ!
やったね、アイリッシュ!!!(←アイルランドびいき)
アイルランド英語についてはこちらで紹介しているので、ぜひ聞いてみてくださいね😉


一方、The Global Dating Survey が世界24都市で11,000以上の人に調査したという、
「かっこいい(hot)と思うアクセント(自分のものを除く)」がこちら!
⏩These are the 10 most attractive accents in the world 

1. イギリス British 英国風 - 27%
2. アメリカ American アメリカ風 ? 8.7%
3. アイルランド共和国 Irish アイルランド風 ? 8.1%
4. Australian オーストラリア風 - 8%
5. French フランス語風 ? 7.7%
6. Italian イタリア語風 ? 6%
7. Spanish スペイン語風 ? 4.9%
8. Scottish スコットランド風 ? 4.7%
9. Latin American 南米風 ? 4.1%
10. Scandinavian 北欧風 ? 3.3%

こちらではさっきと違って英語ネイティブ強し。
おー、こちらもアイルランドがtop3に入ったわ~☆

・・・と思いきや、イギリスがダントツ過ぎる
2位以下に3倍以上の差をつけての第一位ビックリ

みんなの憧れのBritish English。
私も大好きです!

イギリス英語にはいろーんな訛りがあるのですが、
標準イギリス英語は「知的」「洗練されている」というのが一般的なイメージだと思います。
アメリカにいる時はアメリカ英語がなじむと思うけど、
世界ではイギリス英語の方がモテるかもです

みんな、イギリス英語を学びませんかー
イギリス英語の記事はこちら

次回、私の好きなアクセントの有名人ランキングを動画と一緒にアップします😉

スコットランドの英語、音楽、風景を楽しめる『メリダ』!

最近はアイルランド英語系のお話が続きましたが、
今日はスコットランド英語を楽しめる映画をご紹介しま~す!

ディズニーxピクサーの『メリダとおそろしの森』 (原題は“Brave”)。
風景、服装、言葉、音楽などにケルトやスコットランド要素たっぷり。
リュートとハープを弾くシーンもありますよん。

予告編の音楽はバリバリ映画音楽っぽいけど、
劇中ではケルト系音楽が楽しめますよ♪
バグパイプやイーリアンパイプ、ケルティックハープ、ホイッスル、フィドルなどなど。

英語の訛りは、発音よりイントネーションが面白かったです。
スコットランド独特の抑揚(上がり下がり)があって、
個人的な印象としては、日本語でいうところの東北っぽいイメージ。

0:42付近に出てくる、
If you had a chance to change your fate, would you?
というメリダの言葉のイントネーションにご注目あれ。
「もしあなたの宿命を変えられるとしたら、あなたはどうする?(変える?)」

この映画では、スコットランド系に”お約束”の
「(訛りがきつくて)何言ってんだかわかんないヤツ」も登場(0:35付近)
直後に”What“って聞き返されてます^^;
本編中に何度か彼が発言するシーンがあるんだけど、
周囲にポカーンとされたり、
「あいつ何って言ってた?」「さぁ」と、スコットランド人同士でも理解されないという・・・

この人ね↓

この話し方はDoricというスコットランドの一部地域で実際に話されている方言で、
この声優さんはそれを親戚から教わったそうな。
これは、ネイティブでも何を言っているのか本当にわからない領域です

スコットランドの音楽、言語、音楽、風景、衣装、中世に興味のある人にとってもオススメ!