カテゴリー別アーカイブ: 英語学習にオススメ

語学4ヶ月+再開1週間で会話ができちゃう!には。2:ボキャブラリー

スペイン語を再開して今週で4週目。
今日は、「語学の再開時にやること」とオススメツールをご紹介します。
スペイン語に限らず、どんな言語でも、
再開ではなくイチからやっている方にも参考になると思います!

まず、やることはざっとこんな感じ。

  1. ボキャブラリーの再学習
  2. 基本文法(特に動詞の活用、時制)を復習
  3. 実際に使いながら慣らす

1回目から2回目のスペイン語学習はブランクが10年以上あったので、
本当に「完全に忘れていた」というものが多かったのですが💦
今回は半年くらいのブランクで、テキストを見れば「あぁ、そういえばそうだった」という感じで、
「思い出せない」というだけで、記憶は頭の隅に残っていたみたいです。ホッ😅

 

ボキャブラリー

復帰後すぐにやったのは、ボキャブラリーです。
語彙は、読み書き・聞き取り・スピーキングいずれの場合にも要になるので、
ここをしっかり取り戻すことが大事です!

キクタン

まずウォーミングアップは、私のオススメ「キクタン」のCD流し聴き。
前回かなりがっつりこのCDを聴きこんでいるので、
聴くだけでも「そうだった、そうだった」とだいぶ蘇ってきました。

 

キクタンは様々な言語でたくさんのシリーズが出ていますが、
このスペイン語版は特にお勧めです。
音楽のリズムに乗って動詞の活用形や名詞の性を覚えられます😉

「記憶を蘇らせる」のには聞き流すだけというのもありですが、
「覚える」際にはそれだけじゃ不十分!

キクタンの効果的な使い方については、別記事でじっくり書こうと思います。

ちなみに、キクタンには書籍版だけでなくアプリもあります。
キクタン 【Basic】 4000 ~聞いて覚える英単語~(アルク)
キクタン 【Super】 12000 ~聞いて覚える英単語~(アルク)
キクタン 【Advanced】 6000 ~聞いて覚える英単語~(アルク)

iKnow!

語彙は単体で見聞きするだけでは定着しないので、
フレーズや文の中で使ったり、それをチェック(テスト)することが大事です。
それに最もオススメなのがiKnow!(アイノウ)です!

脳科学に基づいた記憶サイクルで暗記をサポートしてくれます。
この点では後述するMemriseと同じなのですが、
iKnow!のいいところは、自作のコースに音声が自動でつくところです。

英語の場合は既存のコースがたくさんありますが、
他の言語をやりたい場合、
または自分で覚えたいものだけをリストにしたい場合、
「カスタムコース」というオリジナルのコースを作ることができます。
そして、その覚えたい単語やフレーズ、文に自動で音声がつくんです!
語学において音声はとっても重要なので、これはかなりのメリットです。

有料サービスですが、その価値あり!
無料体験ができるので、ぜひ試してみてください。
英語学習者には特におすすめします。(良いコースがたくさんあるので)

android iKnow! on アンドロイド
🌍web版 iKnow!

 

Memrise

無料の暗記ツールでオススメなのは、Memrise(メムライズ)。
既存のコースもあるし、自作コースも作れます。
こちらもiKnow!同様に記憶サイクルに基づいて復習させてくれます。

iKnow!との違いは・・・

😊無料で利用できる
😊「覚え方」を図入りで登録できる!!
覚えたいものにゴロ合わせや印象的な画像などをつけることができます。
これが一番の売り!!
(他ユーザーが登録した「覚え方」も利用可能)
😊文の場合には、単語の並び替えで作文練習ができる。
😊語学以外にもいろんなコースがある
(地図や雑学など、いろんな知識をゲーム感覚で覚えられます)

😫音声が自動でつかない。
(既存コースには、音声つきもあります)
😫単語+例文をワンセットでは登録できない。
(iKnowならできる)

最後の2点はちょっと残念ですが、
かなり使い勝手が良くてオススメです!!

 Memrise: 究極の言語学習記憶ツール
🌍Web版 Memrise


これらはどれもとーってもオススメなので、
語学をやっている方はぜひ試してみてください♪😄

語学4ヶ月+再開1週間で会話ができちゃう!には。1: ペース

スペイン語を再開して今週で3週間目。

去年の夏からのブランクの9ヶ月はがっつり忘れるのには十分な長さで、
再開時点では「”夏”って何て言うんだっけ?”金曜日”は?質問の仕方も忘れた~」
・・・という完全に初心者レベルになってしまっていました😓

こ、これは1ヶ月で会話できるレベルまで戻れるのか~~~?!😱

・・・と不安いっぱいだったのですが・・・

再開して約1週間の日曜日。
スペインから来日している人と、ずっとスペイン語で会話ができました!😆

そして、初めてスペイン語のオンラインレッスンを受けてみたところ、
先生から「あなたは中上級~上級です」とのお言葉をいただき・・・わおー!😳

正直、目標まで1週間で持って来られたことには、自分でも驚き😱です(笑)

「学習期間4か月、再開1週間でペラペラになる方法」

・・・なんて言うと、どこかの語学書のタイトルみたいですね(笑)。

世界的ポリグロット(多言語話者)のBenny Lewisは”Fluent in 3 months”(3ヶ月でペラペラ)という書籍とサイトで有名ですが、
本当に、数か月で会話できるレベルになることは可能です。
言語をマスターするのに、その言語の国に行く必要は ま っっっっ た く ありません。
(私もそうですが、Bennyや多言語話者Olly Richardsも、ほとんど別の国で身につけています)

問題は“場所”でも”期間”でもなく
その間にやっている量と質(やり方)です。

どのくらいやるの?

私の場合、「学習期間4か月」は「4か月ほぼ毎日」です。
そして、「再開1週間」は「再開してから毎日」。
どのマルチリンガルも言いますが、継続的にやることがとにかく大事☝️です。

FacebookのPolyglot(多言語話者)グループの投稿で、
「みんな、どのくらい勉強している?」というスレッドがあったのですが、
回答は全て「毎日」か「週5日以上」でした。
しかも、ほぼみんな「1日4時間以上」と答えていたという・・・😳わぉ!

これは言語大好き人間のグループなので、
みんなやすやすとそう答えるわけですが(笑)、
毎日やるなら1時間でもいいと思います。
時間的には無理なく続けられる方がいいです。
私自身は、平日だとスキマ時間あわせて1~2時間かな。
初期段階で集中してやる時期は平日でもあわせて3時間、
休日だと、ほぼ1日中やっている時もありました。

「読んで理解できるようになりたい」くらいであれば、週1~2でもよいかもしれませんが、
話せるようになりたい、書けるようになりたい・・・ということであれば、
最低でも週3~4日は必要だと思います。
つまり、1日置き間隔が最低限ライン
継続的にその回路を使っていないと、
聞いて即座に理解したり、発話したりすることはできなくなるからです。

「そんな~永遠に毎日なんて続けられないよ~~~😱」と思うかもしれませんが、
一度ある程度のレベルまで達して、その言語の回路が出来た後であれば、
しばらく間隔が空いても大丈夫です😁
(少し出てくるのにタイムラグができたりしますが)
でも、これから回路を作る段階であれば、できるだけ頻繁に使った方が良いです。

じゃあ、毎日何をやるのか?

「何をやるか」、これがまた重要ですね。
某メソッドのように「ただ聞き流すだけ」で良いのでしょうか?

オススメの勉強法やツールに関しては、また別記事で紹介しますね!
今回はこちらでCiao!

シェイクスピアのオンラインコースが始まる!

Future Learnというサイトで、
シェイクスピアについての無料オンラインコースが今日1月11日から開講されますよー!

矢印Exploring English: Shakespeare
British Councilの提供で、英語中級レベル以上の学習者対象だそうです。

シェイクスピアの時代の英語は「初期近代英語」と言って、
まだ英文法が確立しておらず、スペルも統一されていませんでした。
そんな中、彼は英語という言語の形成に多大な貢献をしたと言われています。
今では普通に使われているイディオムの中には、
彼が作ったものがたくさんあります。

このコースでは、シェイクスピア劇の役者さんたちや専門家が
いろんなアプローチで彼についてレクチャーしてくれるようです。
世界中から受講しているユーザー同士のディスカッションもあるみたいで、楽しみ☆

私も参加します!
みなさんもいかがですか~

 

アンの名言で学ぶ、が面白そう!

本屋さんで見つけたこの本、『「赤毛のアン」の名言で学ぶ英語』。

表紙がかわいくて手に取ってみたら、
中もユニークでなかなか良かった!

この本の面白いところはね、「アンの名言」を書いてみるスペースがあることなの。

しかもね、なんと付録で下敷きがついてくるの!!
著者の方は本当に「書いて欲しい」んだね。

最近の語学本では「音読」はよく勧められるけど、
「書いてみよう!」っていうのはあまりないと思う。
それがこの本のユニークなところ。

本の構成は、
赤毛のアンシリーズから数行抜粋→和訳→解説→書いてみよう!
という流れ。

「英語の勉強」というのでももちろん良いのだけど、
文学や言葉を好きな人が、アンのメッセージや言葉の流れをじっくり味わう・・
という楽しみにもいいと思う。

文具好きの人だったら、
ここに書き込むのではなくて、
お気に入りのペンでお気に入りのノートに記すというのもいいね。

アルファベットを書くのには万年筆が気持ちいいよ!

サラサラ書くのが気持ちよくて、
どんどん書きたくなっちゃうかも(^^)

「赤毛のアン」の名言で学ぶ英語

勉強しながら、寄付できちゃうサイト

今日は、面白い学習サイトを紹介します!
なんと、勉強しながら無料でお米を寄付できちゃいます。

FreeRice.com
For each answer you get right,
we donate 10 grains of rice to the United Nations World Food Program.

Help end world hunger問題に1問正解するごとに、
10粒のお米がUnited Nations World Food Program を通じて寄付される仕組みです。
トップページは英語の単語の問題が出てますが、
右上にある「Change Subjects」をクリックすれば、別の科目を選択できます。
(↑このリンクからも科目選択ページに飛べます)

科目は、
英語英語(単語、文法)
飛行機外国語(仏語、独語、イタリア語、スペイン語)、
絵筆人文(美術、文学)、
サーチ化学(化学式)、
the world.地理(国旗、首都名など)、
計算数学(計算)
などなど。

正解するとだんだん難易度がアップしていき、
間違えると、簡単なレベルの問題になります。
間違えた問題は後からまた出題されるので、復習もできちゃいます!
そんなに難しい問題じゃないので、
いろんな科目をやってみると楽しいですよ~ウィンク

私は世界地図にハマって、2000までやっちゃいました♪
ちなみに、英語セクションは日本人にとっては単語よりも文法の方がハードルが低いと思います。
(単語はいきなり難易度が高いのが出てきますが、文法は比較的易しいです。)

サイト内は全て英語ですが、
正解だと思う方をクリックしていけばいいだけなので、
是非お気軽にお試しくださいな~!

FreeRice.com