「~しなくてもいい」は、「~するな」?!

ある中学生が”don’t have to~“(~しなくてもいい)を習った時のこと・・・

男の子 「~しなくてもいい」は、「~するな」と同じ意味でしょ。

お~ ん??なんでそう思うの?

男の子  だって、お母さんが「ガーン もう、夕飯食べなくていいっ!」って言ったら、
食べるな」っていう意味じゃん。

ほっほぉ~
いや~、こりゃーおもしろいポイントだわぁ
これにはウナリましたです 萌え

まぁ厳密には、「○○しなくてもいい」というのは、○○してもダメじゃない
例えば、「早起きしなくてもいいよ」と言われても、早起きしてもいいわけで。
半々で、やるかどうかは相手にゆだねますよ、っていう感じですかね。
元々の意味では、相手を気遣っている感じがする。

お母さんは、「母はキミの食べる権利を50%に減らすくらい怒ってるんだぞ!」っていう意思表示も入れつつも、
一方では、最終的に食べるかどうかは本人に決定権を与えているという・・・
チョット優しさを感じる・・・フッふふふ

「じゃあ、食うな!」っていうお母さんもいると思うけどね(笑)。

同じ系統として、
もう、いいっ!むぅ
っていうセリフも面白いなぁ。
相手を突き放しつつも、相手に関わらせる余地を残しておくという・・・

実はかまってほしいんだぞ~ぶ~」っていうアマノジャクっぽいな!笑

 

ちなみに、「~しなくてもいい」のdon’t (doesn’t) have to ~の使い方は、こんな感じ。

ふたば 明日は早起きしなくていいよ。⇒You don’t have to get up early tomorrow.

Don’t get up early tomorrow. (明日は早起きするな)と同じ意味にはならない・・・と思うなぁ(笑)。

Leave a comment: