韓国語をローマ字入力するには 2:設定編

Windowsでは、ハングル専用のキーボードがないと入力がややこしい韓国語。
そこで先日、「韓国語をローマ字入力するには 1」という記事で韓国語をローマ字入力できるソフトをご紹介しました。
(ダウンロードとインストール方法については上記記事をご覧ください。)

そのソフト”Nalgaeset Hangul Input System“をやっとインストールできた!
・・・と思ったら、なんだか設定を変えないとローマ字入力にならない模様。
そして、その設定もハングル・・・・😵

というわけで、この記事ではローマ字入力をするための設定をお伝えします。
ちなみに、私の環境はwindows8.1です。

Nalgaesetのローマ字入力設定

Nalgaeset2-1

(1) インストールをすると、「winキー+スペースキー」で韓国語キーボードが選べるようになります。
(日付や時間の左にある「J」というアイコンをクリックする方法でもOK)
<날개셋>と書かれているもの(図の緑で選択されているもの)を選択してください。

この後のステップがトリッキーで、
私は上手く行かないまま同じような設定を何回か試していたら出来るようになった・・・
という感じで、どれが上手く作用しているのか分からないのですが💦
とりあえず公式に案内されている方法をご紹介します。

nalgaeset2-2

(2) メール作成画面など、文字を入力する場所にカーソルを置くと、
ハングルキーボードのアイコンの左にA1というアイコンが出てきます。
これを右クリックして、図のメニューを選択してください。設定メニューが開きます。

nalgaeset2-3

(3) この画像のように設定してください。プルダウンメニューでキーボードの選択をすると、
↓のようなキーボード配置の確認が出ます。ここでも図の赤で記されたボタンを選択してください。

Nalgaeset2-4

これが公式ページで案内されている方法です。
これでアイコンがA1のままだと英字入力モードなので、
ハングルをローマ字入力モードにするには、以下のいずれかの方法で切り替えをします。

  • A1アイコンを左クリックしてA0アイコンに切り替える
  • Fnキー+AltキーA0モードに切り替える

スクリーンショット (52)

これでどうでしょう?!
これでもしうまく行かなかったら、A0モードでも同じようにA0アイコンを右クリックして設定画面を出し、
同じような箇所を選択して設定してみてください。
私はそんなようなことをアレコレやっていたら、いつの間にか打てるようになっていました(謎)💦

ハングルをタイプしたい時には、A0モードにするのをお忘れなく!

どのローマ字がどの文字に相当するかは、また別記事でご紹介しますね。

Leave a comment: