和さんぽ:江戸のおしゃれを探る!博物館&おさんぽツアー

“和もの”が好きな人たちと”和”を感じる空間を気軽に楽しもう♪という企画、気軽に和さんぽ
7月は東京の墨田区で、「江戸のおしゃれを探る☆博物館&おさんぽツアー」です!


◇◇◇◇◇◇◇◇◇
《日時》7月1日(土) 13:30~16:30くらい
《場所》たばこと塩の博物館&大横川親水公園
《参加申し込みフォーム》
https://goo.gl/forms/FS5ti5M82VlcNvD13
◇◇◇◇◇◇◇◇◇

今回の和さんぽプラン

  • たばこと塩の博物館
    特別展「着物と装身具に見る江戸のいい女・いい男」開催中!
  • お茶タイム
    和好きな参加者のみなさまの交流タイム♪
  • 大横川親水公園
    都会の中の自然を楽しみましょう♪

隅田川とそこにかかる吾妻橋、浅草寺、スカイツリーなど、
様々な観光スポットのあるエリアです。
昔ながらの老舗、風景も至る所に残っているので、
着物散策しながらの撮影も楽しめます♪

見どころはココ!

たばこと塩の博物館
https://www.jti.co.jp/Culture/museum/index.html
日本に16世紀末に伝来したたばこ。そして古来より、生命の糧(かて)である、塩。その壮大な歴史が、入館料たったの100円(一般大人)で!
特別展【着物と装身具に見る江戸のいい女・いい男】開催中。
江戸時代の装いに関するこだわり、美意識。個性的で斬新な趣向や高度な技術を駆使し、洗練された着物や日用品を見学できます。
粋な江戸の着物や装身具は斬新で、現代の着物コーディネートにもとても参考になるでしょう。

大横川親水公園
http://www.gotokyo.org/jp/kanko/sumida/spot/s_1047.html
総延長1800メートルにも及ぶ細長い珍しい公園です。
植物や滝、川の流れがとても美しく、自然溢れる素敵なお散歩コースです。

😄企画者あす華からのメッセージ

今回の和さんぽ企画では、空を見上げれば何度も、スカイツリーをご覧になる機会がたくさんあると思います。(空を見上げる際は、足元にご注意ください☆)
そんなスカイツリーのLEDライト、水色と紫色に光っていますが、色の意味をご存知でしょうか。

【水色】心意気の「粋」:隅田川の水をモチーフとした淡いブルーの光
【紫】美意識の「雅」:江戸紫をテーマカラーに優雅で気品あるイメージを表現

スカイツリーは、江戸の人々が育んできた心意気の「粋」と、美意識の「雅」で包まれています。
粋で雅な江戸時代のいい女、いい男がどういうお洒落をし、どんなアイテムにこだわったのかを知ることができる、特別な展示見学と、江戸文化の残る地域散策。
着物や歴史に興味がある方、観光スポットでの撮影が好きな方など、色んな発見ができると思いますので、是非一緒に和さんぽを楽しみましょう♪

イベント概要

《参加申し込みフォーム》
https://goo.gl/forms/FS5ti5M82VlcNvD13

《定員》6名

《日時》
7月1日(土) 13:30~16:30くらい
参加者の方の興味関心やペースに合わせて動くので、
終了時間はだいたいの目安です。

《集合場所》
13:30 たばこと塩の博物館 1階エントランスホール
https://www.jti.co.jp/Culture/museum/info/map/index.html

《参加費》
1コイン500円
(施設入館料100円、飲食費などは別途各自にて)

※当日の様子を撮影した写真は、SNSやWebサイトで公開される場合があります。
写りたくない場合は当日お申し出ください。

《服装》
和装がオススメ!ですが、洋服での参加もOKです。

《持ち物》
公園の中を歩くので、虫に刺されやすい方は虫よけ、虫刺され対策のものを用意されることをお勧めします。

《当日の連絡先》
kimonogumi.wasampo★gmail.com
(★を@に変えてメールをお送り下さい)

当日お会いできるのを楽しみにしております♪(^-^)

< 免責事項 >
体調の変化など問題があった際には、すぐにスタッフにお申し出ください。
当日の参加者の方の持ち物、交通、人間関係などのいかなるトラブルに関しても運営側は責任を負いません。
自己管理のもと行動をお願い致します。

☆着物組オフィシャルHP
http://www.kimonogumi.jp/

☆着物組FBページ
https://www.facebook.com/kimonogumijapan/

レポ:あじさい祭&サムライ体験!in 日野高幡不動 レポ

梅雨入りが嘘のように晴れて暑くなった6月10日。
着物組の「和さんぽ」チームとして、
【あじさい祭 & サムライ体験!in 日野高幡不動】を開催しました!

今回の特別ゲスト、全国で活躍されている郷土史家の「お奉行さま」のお姿を見て、
参加者のみなさんのテンションが一気に上がりました~!
お奉行衆の「お麗さん」のくノ一姿もとっても素敵で、
みなさんお二人とのお写真をたくさん撮られていました(^^)

高幡不動尊

さて、一行はまずは高幡不動尊へ。
高幡不動は関東三大不動の1つで、とても境内が広く見どころもたくさん。
何時間でも楽しめちゃうのですが、今回はあじさいを楽しみながら土方歳三像、五重塔、大師堂、大日堂周辺を和気藹々とお散歩しました。


 

高幡不動尊は土方家の菩提寺ということで土方歳三像が有名ですが、
他にも榎本武揚や大鳥圭介など土方さんと共に活躍した方たちゆかりの品が展示室にあるなど、
幕末史や新選組が好きな方には外せないスポットの1つです。
今回は幕末好きの私が日野と新選組についてガイドさせていただき、
そして郷土史家のお奉行さまにはさらに遡って戦国、鎌倉、平安期などの日野についてもお話いただきました。
日野は、深い!!


休憩を終えた一行は名物(?)のたい焼きをほおばり、いざサムライ体験へ!

新選組のふるさと歴史館

バスで「新選組のふるさと歴史館」へ向かいます。
バス移動は遠足みたいで、みんなウキウキでした♪
歴史館ではスタッフの方に袴や羽織の着付けをしていただき、撮影ターイム!!

 

刀剣大好きな日野ガイドのOさんがいつものようにアングルや刀の構えなどにこだわって撮ってくださいました(^^)
いつも温かく迎えてくださるスタッフのみなさんに感謝です(o^^o)

二階の企画展では、「描かれた新選組」の第四弾で、
新選組が取り上げられた絵や小説、ドラマ、マンガ、ゲームなどについての展示が楽しめました。期間限定で沖田総司の刀剣「大和守安定」も展示されていたので、
刀剣好きさんは萌え萌えだったのではないでしょうか( ^ω^ )

当初はここで終了の予定でしたが、
ほとんどの方が「日野宿本陣」にも興味があるとのことだったので、そこから本陣へ。

日野宿本陣

「日野宿本陣」は甲州街道沿いにある邸宅で、参勤交代などの際に要人が休憩、宿泊していたところです。
土方歳三の義兄である佐藤彦五郎が名主として住んでおり、
天然理心流の道場を開き、のちに新選組で土方さんの盟友となる近藤勇や沖田総司なども出入りしていました。
ここでは日野ガイドの方のご案内で見学ができるのですが、ガイドの方によって違った見方のお話が聞けるので、何度行っても面白いです。

この本陣で、和さんぽ終了~
と思いきや?!

日野駅へ向かう途中にまだあるのですよ、スポットが。
それは、八坂神社。スポットがあるとご紹介したくなっちゃう・・・
ということで、簡単に天然理心流と八坂神社のお話をしました。
ここは御朱印もおもしろいですよ。

そして日野駅に着いて、今度こそ「おつかれさまでしたー!!」
また、たい焼きを食べるみなさん(笑)。
ウキウキいっぱい。笑顔いっぱいの、素敵なイベントになりました。

みなさんのお写真・ご感想

イベントページに参加者の方が続々とお写真や「楽しかった」との感想をシェアしてくださり、
感謝です!
https://www.facebook.com/events/1336234853080904/

今回の和コーディネート

予想最高気温32度?!という信じられないような情報にガクブルだったわたくし。
着物+袴は無謀なので、浴衣+”なんちゃって袴”なコーディネートにしてみました(写真右)。

「これ、袴?!」って何度もつっこまれましたが、
これ、洋服です!

GUの「イージーリボンパラッツォパンツ」。
かなり袴っぽいので和服との相性抜群!
動きやすいし、薄いのでこの時期快適で、とってもオススメです!!
島根旅行でサイクリングの時にもはきました♪

着物や浴衣と着る時には、着物・浴衣のすそを膝くらいの丈になるように着ます。
(おはしょりがかなり大きくなる感じです。)
帯はせずに、私はコーリンベルトでとめるだけ。
暑くない日はゴムの伊達締めをしてたけど、コーリンベルトだけで十分そうです。
その上からパラッツォパンツをはきます。

着物アレンジについてはまた別記事で紹介しますね。

着物組 「和さんぽ」チーム

着物組「和さんぽ」チームでは、月1~隔月のペースで「和を感じられるところを気軽に楽しもう」という企画をしていきます。
今回は解説ガイドつきでしたが、もっとゆる~くみんなでおしゃべりしながらブラブラお散歩するだけ~な企画もやっていきます。
「まだ着物を着たことがないけれど、和な雰囲気は好き!」という方にも気軽に参加していただけたらと思っています。
ぜひぜひ、着物組のFacebookページでイベントをチェックしてください♪

【着物組】
和さんぽ以外にも、
着物好きさん、着物ビギナーさんたちのためのいろんなイベントがあります。
こちらからどうぞ♪
https://www.facebook.com/kimonogumijapan/


Special t

hanks to:
武者所 お奉行さま ✨

郷土史研究家・演出家であるお奉行さまは、全国の歴史系イベントや町おこしなどでご活躍されています。
これから様々な形で一緒に活動していけそうで、楽しみです😊
どうぞご期待ください✨

和さんぽ:あじさい祭&サムライ体験!in 日野高幡不動

さてさて、しょっちゅう「日野って素敵だよ~!」と言いまくっている私ですが、
ついに日野をご案内するイベントを企画しました!
その名も、

「気軽に和さんぽ」presents:あじさい祭&サムライ体験!in 日野高幡不動

《日時》6月10日(土) 12:30~15時くらい
《場所》日野市の高幡不動尊&新選組のふるさと歴史館

和さんぽって?

「気軽に和さんぽ」は「着物組」という着物の普及活動をしているグループで私が発案した企画です。
“和もの”が好きな方を広く対象として、
和を感じる空間を気軽に楽しもう♪というものです。

和装推奨ですが、着物でなくても大丈夫!
着物を着たことがない人にとっては、
「和空間と和装って素敵だな。着てみようかな」と思うきっかけになったり、
着物が好きな人にとっては、
着物を着ておでかけする機会、そして着物好きの仲間を作る機会になればと考えています。


今回描いたこのロゴには、和もの好きさんたちの「輪」が重なり、
着物好きさんにつながって、「輪」が広がっていきますように、
という想いを込めました。

今回の和さんぽエリアは・・・

新選組ゆかりの地「日野・高幡不動」です!
日野は、中央線で新宿から西に30分ほど行ったところにある郊外ののどかな街。ここは新選組副長の土方歳三や六番隊組長の井上源三郎の故郷であったことなどから、「新選組のふるさと」と呼ばれています。(日野と新選組について詳しくはこちらの記事へ

日野にはゆかりの寺社や子孫の方が運営している資料館など様々な見どころがありますが、
今回はその中でも「あじさい祭」開催中の高幡不動尊と、
新選組の隊服を着てサムライ体験ができる新選組のふるさと歴史館をメインにご紹介します♪

 

和装も洋装もあります♪

詳細&お申し込み

イベントの詳細・お申し込みは、こちらのfacebookイベントページから⬇

あじさい祭&サムライ体験!in 日野高幡不動

facebookをやっていない方は、メールにて参加申し込み承ります。
kimonogumi.wasampo ★ gmail.com (★を@に変えたアドレス)宛に、
お名前、連絡先(当日連絡のつくメールアドレス)、参加希望のイベント名を明記してメールをお送りください。

レポ:第20回 ひの新選組まつり♪

第20回ひの新選組まつり、とっても良かったです~!!
Twitterで#ひの新選組まつりがトレンド入りして、週明けには「ひのパレロス」続出!なくらい盛り上がったイベントでした☺

私はシアトルから来日していた友人と行きましたが、
風邪気味だったこともあってあまりじっくり見られなかったので、Twitterのみなさんのお写真などもお借りしながらあの素敵な時間を振り返ってみます。

この記事の英語版はこちら➡ Hino Shinsengumi Festival 2017 (report)

日野市は新選組の副長土方さんの故郷ということで、土方さん関連を中心とした様々な催しがあります。
その見どころの1つが隊士パレード!
各隊の隊長は、毎年まつり1日目の隊士コンテストで選出されています。

今年の土方さんと近藤さん(局長の近藤勇)がこちら!
土方さんの前を歩いているのは土方さんの小姓(お世話係)の市村鉄之助さんですね。

⬇ この方がシェアされていたお写真はどれもとっても素敵でした!
こちらは八番隊組長の藤堂平助と、まつりの総指揮をされていたお奉行さま。

⬇ 私の今年のお気に入り隊士は、なんといってもこちらの十番隊組長 原田左之助!
ぜひこのパフォーマンスを見て~!!

パレード以外にも、殺陣や演武、舞、演奏などなどいろ~んなパフォーマンスがあります。

⬇ 偉伝或(いである)さんの音楽と融合した殺陣と舞がとっても素敵でした!

⬆ 美しい剣の舞と殺陣を披露してくださった「いである」の美女さんたちと☺

⬇ 舞衆一ノ太刀さんのパフォーマンスも、笑いあり迫力ありですごく良かったです!😆
このお二人(土方歳三&市村鉄之助)の殺陣、かっこよかった!!

舞衆一ノ太刀のみなさんと。

⬇ 子どもたちや動物まで新選組一色でした~。

 

 

⬇ 日野自動車のラグビーチームの方に籠で運んでいただく出し物もありました😁
主にやってもらっていたのは子どもたちだけど・・・(笑)。

 

⬇ おまつりの締めくくりは、高幡不動尊での帰陣式。
各チームごとに土方さん像へ帰陣をご報告。

この高幡不動尊は日野駅からはちょっと離れているのですが、
五重塔や資料館(奥殿)、散策コースなどもあってとっても素敵なお寺なので、
日野を訪れる際にはこちらもオススメです! 😊

新選組隊士になるには

新選組の隊服は、お祭り以外の日でも新選組のふるさと歴史館日野宿本陣で着てみることができます。
日野宿本陣は羽織だけですが、
歴史館は和装、洋装、剣、履物までばっちり揃っています!

その他、通年で楽しめる日野の見どころについては、こちらの記事へ

新選組まつり隊士コンテスト 2017

こちらでまつり1日目のコンテストの様子を見ることができます。

More photos and movies of the festival

他にも素敵な写真がいっぱいTwitterに上がっているので、”#ひの新選組まつり“をチェックしてみてください😄

日野新選組まつり、今週末!

幕末好き、新選組好き、江戸時代が好き、和服が好き、神社仏閣が好き、日本の文化が好き・・・

でも日野を知らない?!

そんな方のために!
和も新選組も日野も大好きな私みかりが愛を込めてオススメしたいのがこちら!

日野新選組まつり

  • 2017/5/13 (Sat)、14 (Sun)
  • 開催場所:JR日野駅周辺、高幡不動尊周辺(詳しくは公式サイトへ)
  • 時間: だいたい10 am ~ 5 pm (JST)

新選組のパレードや演武、殺陣のパフォーマンスなど、イベント盛りだくさんです!
以下のアプリで映像を見られるらしいので、行けないけど気になる!という方はぜひ😉

公式サイトはこちら

英語での情報

英語の公式情報が見つからなかったのでここに作りました。
 Hino Shinsengumi Festival (in English)

祭りの情報はそこそこに、主に新選組と日野について解説しています。
日本語がわからないけど興味がありそうだという方がいらしたら、こちらをご紹介いただけたらうれしいです。

 日野って?

日野市は、中央線で新宿から西に30分ほど行ったところにある郊外ののどかな街。ここは新選組副長の土方歳三氏や六番隊組長の井上源三郎氏の故郷であることなどから、「新選組のふるさと」と呼ばれています。
土方さんの従兄・義理の兄であった佐藤彦五郎氏が日野に天然理心流の道場を作り、そこには後の新選組局長の近藤勇氏や一番隊組長の沖田総司氏などが出稽古に来ていたと言います。彼らが京都で新選組として活躍する前に、武士になることを夢見て青春を過ごした地、それが日野といえるでしょう。

日野の見どころ

日野の新選組ゆかりのスポットはここ!

高幡不動尊

土方家の菩提寺で、土方歳三像があることで有名。奥殿には土方さんの書簡や同時代の要人たちの書などが活字化+解説付きでとてもわかりやすく展示されています。
毎月第3日曜日に境内で開催している骨董市もオススメ!

 

🚋 京王線高幡不動駅から徒歩3分
時間やイベントなどの情報は ➡ Official website

日野市立 新選組のふるさと歴史館

日野市や新選組についての資料はもちろん、この施設で最も大好きなのが、写真コーナーです!
隊服はサイズいろいろ、袴や草履などの和装のみならず、洋装版戦闘服やブーツもあり、しかも刀は土方歳三モデル、沖田総司モデル、斎藤一モデルから選べるんです!

 

 

🚋 JR日野駅から徒歩15分
高幡不動尊から行くときは、日野駅行きのバスに乗って市役所前で降ります。
Open: Tue-Sun, 9:30 am – 5pm (最終入館: 4:30 pm).
➡ Official website

日野宿本陣

「本陣」とは、参勤交代の際に大名が宿泊していた邸宅のことで、名主であった佐藤彦五郎氏と土方さんはここに住んでいました。かつては敷地内に天然理心流の道場もあって、ここで新選組局長の近藤さんや沖田さん(一番隊組長)も稽古をしていたそうです。

この建物は東京で唯一現存する本陣造りの建物で、様々な趣向が凝らされています。ガイドの方がいろ~んなエピソードを話してくださって、充実の見学ができます!
ガイドの方によって違う視点からのお話を聞くことができるので、何度行っても面白いです。

ここでも隊服の写真が撮れます♪(隊服の下の着物は自前です。着物のレンタルはありません。)

 

🚋 JR日野駅から徒歩12分
新選組のふるさと歴史館とのセット券があるので、同じ日に行くのがオススメ。
Open: Tue-Sun, 9:30 am – 5pm (最終入館:4:30 pm).
➡ Official website

 土方歳三資料館

歳三さんだけでなく、土方家についてよくわかる資料館です。
天然理心流の木刀や、土方さんが武士になる決心をした時に植えたという矢竹があります。
見ごたえあり!グッズもいろいろ。

他の新選組関連施設とは少し離れています。
高幡不動尊からモノレールで行くのがオススメ。

🚋 多磨モノレール万願寺駅から徒歩2分。
開館日や時間は→ official site
(だいたい第1、第3日曜の 12 pm – 4 pm)

佐藤彦五郎新選組資料館

佐藤彦五郎氏はこの地の名主で、土方さんの従兄&義兄です。その佐藤家のご子孫から、親族ならではのエピソードや大河ドラマ関係のエピソードも聴くことができます!
他にはないグッズもいろいろ。

この道沿いには川が流れていてお散歩にもとても気持ちの良いところです♪

🚋 JR日野駅から徒歩8分
開館日は公式ページを参照してください→ official site
(だいたい第一、第三日曜, 11 am – 4 pm)

井上源三郎資料館

様々な作品の中で「源さん」と親しまれている、六番隊組長 井上源三郎氏のご子孫が運営している資料館。他の資料館に比べて「武」の色が濃いです。

 

🚋  JR日野駅から徒歩7分
開館日は公式ページを参照してください→ official site
(だいたい第一、第三日曜, 12 pm – 4 pm)

日野八坂神社

天然理心流の奉納額がある八坂神社。普段は公開されていないので、おまつりの日が見るチャンス!

 

🚋  JR日野駅から徒歩2分
Open: 特に制限なし
日野八坂神社について(日野市観光協会のページ)

日野宿交流館

休憩処、お土産ものコーナー、展示があります。
Open: Tue-Sun, 9 am – 5 pm.
➡Official website

注:この情報は2017/5/12現在のものです。
最新の情報や問い合わせは、公式サイトへご訪問ください。