タグ別アーカイブ: 動画

歌でもアイルランド英語!

Hi there, it’s Micari. 🙂
これまで2回の記事(前々回前回)で紹介したこちらのアイルランド英語×アメリカ英語の動画、いかがでしたでしょうか~。
アイルランド英語のモコモコくしゅくしゅした感じ、伝わりましたか?キャー

この動画を発見した時には知らなかったのだけど、
この2人ってミュージシャンだったようでして・・

ブライブライアイルランド共和国のミュージックビデオはこちら。

アイルランドっぽいテイストがあるねぇ。
アイルランドでバンドをやっていた時を思い出します・・・キャー

コーラスの女声がかわいい萌え

さてさて、歌の中の発音をいくつかピックアップします。

まず、0:50付近の”When we were little“のlittle
アイルランドだと弱く息が漏れるtの音になる(この記事この記事参照)ことが多いですが、
この「リロー」のようにアメリカ風アメリカに発音されることもあります。
(母音に挟まれたTが日本語のラ行のような音になる現象です)
2:26にある”so much better“のtはアイルランドっぽいけどねQueenly

また、1:20付近の”a little bit stronger“や1:25”any longer“、
そして2:36の”so much more“に注目してみると・・・
Rの音がこもって発音されているのがわかりますね!
イギリス英語イギリスでは母音のあとのRの音は発音しない(舌を巻かない)けど、
アイルランド英語アイルランド共和国ではアメリカ英語アメリカみたいに舌を上げてこもるRの音になるのですよ~。
(このRを発音することは”rhotic“(ロウティック)といって、
アメリカ、カナダ、アイルランド、スコットランド、イングランドでは北部と西部で見られる特徴です)

アメリカにはかなり多くのアイルランド人移民が入ったため、
アイルランド英語がアメリカ英語の元になったと言われています。
後者のRの発音については、アイルランドの方が起源と言えると思います。

でも、前者のTの方は・・・ちょっと微妙です。
もしかしたらアメリカ英語の方が元で、アイルランド人が影響を受けているのかも。
というのも、アイルランドではこの音は毎回採用されるわけではなく、
人によるというわけでもなく、
「人によってはたまに使う」という感じなんですよ。
その「たまに使う音」がのちにアメリカでは主流になったのか、
アイルランド人がアメリカ英語の影響を受けたのか・・・。

ブライブライくんはこの歌の中で”any longer”を「エニーロンガー」と発音しています。
アイルランド英語ではanyは「アニィ」と発音するので、
これはもしかしたらわざとアメリカ風にしているのかな・・・?とも思ったのですが、
一般的にアイルランド人はアメリカ英語に良い印象を持っていないことが多く、
意図的にそんなことするかなぁという疑問もあり・・。

ちなみに、アイルランド英語をアイルランド以外で話すと不思議な目で見られますQueenly
場合によっては「ちょ、なにそのアクセントww」と嫌がられるのでなみだ
私はアイルランドから帰ってしばらくしたら、ちょっとアメリカ英語寄りに戻しました(「修正」とは言わない!笑)。。
今ではイギリス英語派だけど、その話はまた今後。

ちょっと話はそれましたが、

文法的にはイギリス英語寄り、
発音的にはイギリスの影響を受けつつも独特+ちょいアメリカ英語風味あり、
そして独自の語彙も持っている・・・それがアイルランド英語、と言えるかな。

その独特の語彙については、一番最初の動画の最後の方でクイズにしていますね。
クイズなのでここでは有名なもの以外をピックアップしているようです。

アイルランド英語の特徴がわかる動画シリーズ第5弾でした音符

追記:
ジョンアメリカのソフトな歌声は、かなり私の好みでしたー

ポップスだとこういうソフトな歌声が好きです萌え

アイルランド英語のモコモコ、クシュクシュっぷりを!!

先日の「文化によって違う時刻の表現:1時半って、なんて言う?」で紹介した動画のお話の続きで、
今日はアイルランド英語のモコモコさについて。

アイルランド英語って、あまり口を動かさないでモコモコ・・・コモコモ?
こもったような話し方をする人が多いです。
その特徴がよ~くわかるこちらの動画。

靴下を見せた後の2:10付近からどうぞ!

2:10付近からアイルランド出身のブライブライくんアイルランド共和国がアメリカ出身ジョンくんアメリカに、
Can you do an Irish accent for me please?
(アイルランドアクセントやってみてくれる?)と言います。

そして、いくつかの単語と文を試してみます。
1. Seamus (男性の名前。ハリーポッターにも出てくるキラキラ
2. Are you going to the party?
このpartyのTの音、アイルランドらしい音になってますね~~!

そしてその後に2人が言う文に注目

Seamus, are you going to the party at thirty three Finnigan Road?
(Seamus Finniganと言えば、ハリーポッターの同級生ですね(笑))

どうですか!この、モコモコぽわぽわっとクシュクシュボンボンっとした感じ
口をほとんど動かしていないんですよね~。

日本でも、東北地方などでは寒いので口をあまり開かないスタイルになった・・・なんて説がありますね。
アイルランドはそこまでの寒さではないんだけど。
どちらかというと、シャイな国民性が出ているような気が・・・個人的にはします。

しかしね、こうして口をあまり開けないこもった音で、
しかもアイルランド人は早口な人が多いもんだから、
そりゃーもう聞き取りにくいですよ苦笑

この動画で「ブライブライくん、何言ってんのかサッパリわかんない泣」という方も、
ご心配なさらないように・・・
初めて聞くアクセント(訛り)の相手だと、ネイティブ同士でも通じないことがありますあせあせ
(日本でも、東北や沖縄など、独特で日本語同士でもよくわからないことがありますよね)

私が2度目にアイルランドに行った時、
現地バンドに混ぜてもらってちょこっと音楽活動をしていたことがあるんですが、
そのバンドのライブ録音をイギリスの友人(英語ネイティブ)に聞かせたら・・・

「これ、英語汗

っていう反応でした汗あせ
曲の合間に話すMCが、英語ネイティブでも聞き取れないという・・・

そんなかないキツイ西アイルランド英語には私もかなり悩まされたんですが、
どうやって克服したのかというお話は、またの機会にウィンク

See you soon!バイバイ

文化によって違う時刻の表現:1時半って、なんて言う?

今日は、アイルランド英語アイルランド共和国とアメリカ英語アメリカを比較しながら
言語や文化の違いを楽しめる動画のご紹介します。

左の男性がアイルランド出身で、右の男性はアメリカ出身。
(アイルランドのYoutuberって結構こういうパンクっぽい人が多い印象。)

さてさて、それぞれの英語はどんな印象でしょうか?!コチラ

アイルランド出身のブライブライくんの紹介(動画の0:10くらいのところ)で、
“BriBry is from Ireland – or should I say… オイルランド?”
って言っています。
前回の記事で紹介したように、
アイルランド英語では「アイ」の発音が「オイ」に近くなるので、
「ブライブライの出身はアイルランド・・・というか”オイルランド”と言った方がいいかな」
なんて言ってるんですね。

その後、「アイルランド人とアメリカ人の違いってどんなことかね~って話してて・・・」というくだりで
ブライブライくんによる「アメリカ人男性」と「アメリカ人女性」のモノマネがあります(笑)

そして面白いのが、時刻表現の話。
「1時30分」のことを、アイルランドのブライブライくんアイルランド共和国は何と言ったでしょう?

1:10付近に注目。

そう、彼は”Half one“と言ったのですね。

それに対して「でも、それって12時30分と勘違いする人もいるかもしれないよね?
12時と1時の間の半分ってことだからさ」と、ジョンアメリカ

ホント、時刻の表現って文化によって異なるから誤解を招きやすいですよね。
ドイツ語やオランダ語で”half one”に相当する表現をしたら、
12時半という意味になるんですよ。
1時になるまであと半分っていう感じでね。

しかし負けないブライブライくんアイルランド共和国
1:24付近から「この(今自分たちが話している)言語ってなんて言うんだっけ?
ん~、Englishだよね。Americanじゃないよね。
僕(アイルランド)の方がEnglandイギリスに近いんだから、
(1時半は)half oneが正しいってことでいいんじゃないの」なんて言ってますが(笑)

まぁまぁ・・・あせあせ

誤解を避けるには、次のような言い方にすると良いかな。
時計 one thirty
時計 half past one
pastを入れれば「1時から半分過ぎた」ということになるから、
12時半だと勘違いされることはないです。
(“past”は書くときに”passed”と間違えやすいから気をつけてね

30分の時にはhalf(1/2)が使えるように、
15分にはquarter(1/4)が使えます。

1時15分だったら・・・・・・・ It’s quarter past one.

じゃあ、1時45分だったら?

It’s quarter to two!

toはこれから向かう方向を表すので、
2時まであと1/4ということですねウッシッシ

ちなみに30分のhalfでは“half past“だけで、”half to“とは言いませぬ
pastを使うかtoを使うかと言うのは「前後どちらの時刻に近いか」ということになるわけですが、
「半」というのはちょうど半分。
じゃあ、感覚的にどちらが近いかと言ったら?

未来のことはわからないけど、過去のことはもう知っているわけなので、
そちらの方が自分にとって近いと感じられる・・・
そんな感覚から、pastの方だけしか使わないのではないかな、と思います。

どうせ英語ではpastの方しか使わないから、
half past oneのpastを省略してhalf oneと言っても「1時を半分過ぎた」という過去起点の意味になるでしょ、というアイルランド式(イギリスもそうかな?)。
その一方で、half oneと言ったら、half to one「1時まであと半分」という未来方向になるドイツ語やオランダ語。
こういうものってその文化の物の見方を反映しているので、
ドイツ語やオランダ語の文化圏は時間の視点が未来志向なのかなぁ~なんて思ったりしました。

アメリカでこの過去起点の”half one”という言い方がないというのは、
アメリカの国民性(一般的には前向き、楽天的な感じ?)があるからなのかな~とか。

考え出すといろいろ面白いです。

さて、動画ではその後ブライブライくんが面白いデザインの靴下を披露したりしていますが(笑)
その後に出てくる「アイルランド英語ってこんな感じ!」というくだりについてはまた別の記事でウィンク

See you soon!

アイルランド英語の洗礼「○○好きよね」

先日この記事>>アイルランド英語でシュ!で、
「アイルランド英語ではTの音が”sh”(シュ)っぽく聞こえる!」
というお話をしました。

この音はかなりクセモノで、
もぉ~、何度もアイルランドでミス・コミュニケーションがありましたよ(^^;

今日はそんなTの洗礼を受けた時のお話を動画でどうぞ!

(This video is temporally not available. Sorry!)

いや~、これは本当にびっくりしましたよ。
アイルランド人にこの話をしてもまっっっったく共感してくれないけど。
(ネイティブ特有の「えー?違う音じゃんしょぼーん」っていう反応。。。)

実は、まだ一度も共感を得られたことがないんですけど・・・汗
(そもそもアイルランド英語になじみがある人がほとんどいないからだけど・・)

えー・・・

も、、もういちどこの動画貼ります!!にゃはっ♪

ど、  どうでしょうかっ

0:30の女性の言っている”Great“のt、みなさんにはどう聞こえるでしょう???

この音は、私にとってある意味悩みの種であったわけですが、
でも、この音があると「あぁ、アイルランド英語だなぁ~萌え
ってほんわかしちゃう萌えポイントでもあります。

アイルランド英語エピソードはまだまだ続くにゃはっ♪

(撮影は、語っているところはPCのWebcam、
ホストマザーのところはiPhoneを使ってみたのだけど、
どちらも一長一短ですな。。)

アイルランド英語でシュ!

アイルランド英語の紹介第一弾です!!

irish-844928_640

アイルランド英語って、
きっと「聞いたこともないし特にイメージもないよ」フッ
という人が多いですよね。

私はアイルランド音楽が大好きだったけど、
実際にアイルランドに行ってみるまではアイルランド英語の知識ゼロでした。

初めてアイルランド英語を聞いたのは、首都ダブリン。
なんだかソフトな感じがかわいくて、すぐ好きになっちゃいました萌え

この動画でぜひインタビュー3人目くらいまで聞いてみてくださいな!コチラ

一般的にアイルランド人は早口と言われているし、
モコモコこもった話し方をする人が多いのでこの動画の英語がわからなくてもめげないで
泣

さて、問題です!
0:30付近でインタビュー2人目の女性の言った言葉はなんでしょう

「グレイッシュ」?― “Grayish” 灰色っぽい?

Unfortunately, no. 残念ながら、違います~。にゃはっ♪

The correct answer is… 正解は・・・

Great!“です。わーい

この”great”のtの発音、すごく特徴的ですよね!
日本人の私たちには「シュ」に近く聞こえませんか?

インタビューの1人目の男性が”fine”と答えた後の”All right.”のtや、
3人目の女性が答えた”Not bad“のdもその仲間!

実際には”sh”の「シュ」とは違う音で、
[t]の勢いが弱くなったバージョンなんだけど・・・
このアクセント(訛り)にはアイルランドにいる時に随分悩まされました(^^;