タグ別アーカイブ:

もっと涼しく!浴衣スタイル

昨年好評だったこちらの記事。
浴衣シーズン到来~!ということで再アップします(^^♪

私が和装する時にこだわるのは、とにかく快適であること!
夏はとにかく帯周りが暑いのが一番なんとかしたいところではないでしょうか。
というわけで、今回は私の帯周りラク化&涼化浴衣スタイルをご紹介します!

涼化浴衣スタイル その1:やわらかい&薄いもので代用

通常の帯はそれなりに厚みがあるので、これをやわらかいもので代用するとだいぶ楽になります♪

レベル1:兵児帯

兵児帯(へこおび)は、もともと男性や子どもがしていたタイプの柔らかカジュアル帯。
今では女性ものも1000円台から手に入ります。
暑さはそこまで変わらないけれど、柔らかいと結ぶのも動くのも楽♪

 

この2枚目の兵児帯はシワが目立っちゃうタイプですが、
兵児帯はしわしわを生かすタイプがよくあります↓

 

こちらはあくまでも「帯」なので、まだまだ正統派。

ちょっと「えっ?」と思われるかもしれないのが・・・

レベル2:帯揚げ

帯揚げ(おびあげ)は普通、「お太鼓結び」という帯の結び方をする時に使う「帯枕」を覆うために使うものです。
最近は帯の外に見せるコーディネートもあるけど、帯の中に隠して脇役であること多し。

これ、帯代わりとして使えるんじゃない?と思ってやってみました。

この結び方は普通の蝶結びで、
羽のところが大きくなるようにふんわり結ぶとかわいいです。

細めに巻くと中世風になります♪(江戸初期くらいまでは帯は細幅が主流だったの。)
現代帯風に幅がある方が好みの場合は、メッシュの帯板を入れれば◎です😉
(帯板を持っていない場合は、厚紙でも代用OK!)

これ、友達(左)は帯揚げ+帯板で、私(右)が兵児帯。

レベル3:腰ひも

帯揚げよりさらに覆う面積を狭くしたいなら、腰ひもで!

こちらは「戦国時代風アレンジ浴衣」の記事で紹介したスタイルです。
丈が短めな浴衣のおはしょりの下の方で結びました。
中世に流行っていた紐で結ぶスタイルを参考にして、
前結びにしています。

使っているのは着物生地で作られたきれいな腰ひも。
たんす屋さんで700円くらいでした。

この紐はタスキとして使ってもカワイイのでとってもオススメ!

もはや結べれば何でも良い?!

他にも、ある程度長さのある布は何でも使えます!
↓これらは半衿用に買ったハギレなんですが、帯化しました(笑)。

結ぶのも簡単だし、腰回りが暑苦しくなくてとっても快適~♪
ただし胸元が開きやすいので、安全ピンで留めておくと安心です🌟

涼化浴衣スタイル その2:洋服アイテムを活用

レベル4:ストール

北条早雲武者隊沼津の書店さんを訪問した時の写真。
孔明扇でやや隠れてしまっているのですが、浴衣+白いストールです。
これも簡単!
前結びにすれば座るのも楽♪

(実は、車移動の際に気持ち悪くならないように、
締め付けない&前結びで楽なこのスタイルにしてました💦)

レベル5:サッシュベルト

最終兵器はこれっ!

サッシュベルトは留めるのが簡単♪
ただ合皮だと通気性はイマイチなので、こういう細いタイプがオススメです。


以上、帯周りをできるだけ楽にするスタイル集でした✨
みなさまのアイディアもぜひお聞かせください♪

 

ちなみに・・・
冬の防寒スタイル集はこちら

着物の防寒、どうしてる?

今日は暖かいですね!もう2月も後半・・・。
「いかに涼しく浴衣・着物を着るか」という記事が途中だったのに、
あれよあれよという間に冬が来て、
「着物の防寒、どうしてる?」という話題すら「遅っ!」って時期ですが💦
よく聞かれるので、書きます!!まだ寒い日もありますしね☆

インナー

着物は中に着こむこともできますが、
それだと途中で暑くなってきた時に調整できないので、
あんまり内側にたくさん着こむのはオススメできません。
私はこんな感じです↓

トップス:
肌襦袢の代わりにヒートテック的なもの(気温によって薄いのだったり裏起毛だったり)。
その上は普通に襦袢を着るか、タートルネックのカットソーなどを着て、その上に着物を着ます。

ボトムス:
ヒートテックレギンスか、裏起毛レギンス+足袋。
足袋はこの発熱素材の足袋ソックスを愛用しています↓

「着物から黒いレギンスが見えるのは嫌!」という人は、この肌色足袋ソックスのロングを上からかぶせちゃうのがお勧め。

これの上に、二重&裏起毛のモコモコ足袋カバーをはけば、真冬でも大丈夫!!
 

もこもこ足袋は弓道の人や僧侶の人たちにも人気だそうです(^^♪
これがあると家でスリッパなしでフローリングを歩いても足が冷えなくて、すごく快適です!

残念なことに、この二重裏起毛足袋は白しかないんですよね。。
土の道を歩く時など汚れそうな場所に行く日は、ブーツにしています。

アームウォーマー

着物の防寒で一番おすすめなのは、アームウォーマー!
着物は手首や腕がスース―寒いので、ここを温めるのが重要。

こちら↓のアームウォーマーは長いので、これ1つで手から二の腕までカバーできます。

これ↓です。ちくちくしないやわらかい感じです。

こちら↓の黒いものは手首までしかないので、こういう時は・・・

レッグウォーマーを併用します!
レッグウォーマーを腕にするのです✨

こういう裏起毛のをしていれば、コートなしでも寒くないです♪

ちゃんちゃんこ

あしと腕の防寒ができたら、あとは上半身。
コートを着るという手もありますが、それではせっかくの着物が見えなくなっちゃうし、
着物用コートは重いし高い。。

というわけで、お気に入りの羽織や道行の下にちゃんちゃんこ(袖なし半てん)を着るのがお勧めです!

↓こちらは、中綿の袖なし半てん。
原宿の露店で300円くらいでした!

↑こんな感じで上に羽織を着てマフラーをすれば、
寒がりの私でも東京神奈川の真冬を過ごせます♪

前から半てんが見えるのが嫌な人にオススメなのが、こちら!
↓後ろだけ温めてくれる「猫はんてん」!

↓私はこの薄手(でも発熱素材)のを愛用しています。

ほいっと背負うとタスキ代わりにもなるという意外な使い道も!(笑)
これはホントおすすめです!

ストール

着物の防寒といえば、ストールが一番定番かな?

私は極寒の日には上記の装備+毛布のようなストールでもっこもこになります(笑)


以上が私の着物防寒術でした✦
他にもアイディアがありましたら是非教えてください♪

和好きにオススメ!自由が丘の古桑庵

前から気になっていた自由が丘の古民家カフェ、古桑庵さんにおじゃましてきました。

「こそあん」として紹介しているサイトもあるけど、
公式ページによれば「こそうあん」さんです。

夏目漱石の娘婿である松岡譲氏がこの家のご当主と親交があり、
東京に寄った際の定宿にしていたそうです。

私は「漱石拝」と書かれた掛け軸の前のお席でした!

抹茶白玉ぜんざいを注文。
にがみ、甘み、そして付け合わせの昆布のしょっぱみ(?)、
そしてほうじ茶のさっぱりさがちょうどよかったです♪
白玉がほわほわーっとしていてマシュマロみたい~。

お座敷内にはいろーんなひな人形が展示されていました。
ウサギのおひなさまも!

こちらは貸しギャラリーにもなっているそうで、
手作りの和小物類が販売されていました。

自由が丘駅から徒歩5分程度のところにありますが、
人通りがさほど多くないエリアなのでゆったりした時間を過ごせます。
おすすめ!

東京都 目黒区自由が丘1-24-23
03-3718-4203
Open: 11:00~18:30
休:水曜日
http://kosoan.co.jp/index.html 

★2018年2月現在の情報です。

武蔵新田で武者パレード!

日曜は、武蔵新田の武者パレードに行ってきました。
今まで「むさししんでん」だと思っていたけど「むさしにった」でした💦

武蔵新田は南北朝時代、つまり足利尊氏と後醍醐天皇がバチバチやってた時代、
足利尊氏のライバルだった新田義貞の息子である新田義興にゆかりのある地。
敵にハメられて無念の最期を遂げた義興さんの怨霊を鎮めるために彼を大明神として祀ったのだそう。
破魔矢とかコスプレとか…いろんなものの発祥の地なんだそうで。

パレードの大将はもちろん義興公。(でも写真撮ってなかった💦)
武者所のみなさんなどプロ武者さんたちもいるし、
甲冑教室で作った手作りの甲冑で参加している地元の人たち、外国人、いろーんな人がいました。

少年武者もかわいかった(^^♪

 

縁日も面白くて、素敵な手作り小物を売っていたり、秋田や長野から来ているという食べ物屋さんがあったり。
真田が好き過ぎて長野に移住したという果物屋さん「あずみの元気」さん↓と仲良くなりました(^^♪


(Photo by Waka-san)

↓ガチ武者の佐織さん、南雲さん、寧さんと♪

着物は中世っぽいのにしようと思ってこれを選んだのですが、
防寒具をつけたら普通にモダンな感じになっちゃいました(笑)。
中の着物はクラシックな感じなんですけどね。
(写真の左の方は都議の森 愛さん)

ポイントは、寿喜堂さんのタッセルヘアピン。
アルトヴァリエっていう手作り品のイベントで購入しました♪

さてさて今回のイベントでは初めてミラーレス一眼を使ってみました。
若さんの撮ってくださった果物屋さんの写真と上の都議さんとの写真以外はみんな、
Canon M10で撮ったものです。
次の記事で、M10を使った感想を書きまーす。

戦国時代風アレンジ浴衣!

浴衣を中世(室町~戦国時代)っぽくアレンジして着てみました。
( >> read this article in English)

ポイントは3つ!

1.衿を抜かない

通常、着物を着る時には首と後ろ衿(えり)の間にこぶし1個分程度のスペースを空けます。
こうしてうなじをきれいに見せるのが「粋」ということになるのですが、これは実は比較的新しい着方。
江戸時代初期くらいまでは女性は髪をアップにしていなかったので、衿は男性のように首にぴったりつけて着ていました。

衿を抜くと、こんな感じ↓

2.帯の太さと結ぶ位置

今では30㎝程度の帯を半分に折って、もしくは15㎝程度の半幅帯を後ろで結ぶのが一般的ですが、
江戸時代初期までは帯は細帯でした。
戦国時代以前を舞台にした大河ドラマ(いまやっている「直虎」も!)の女性たちの帯にぜひ注目してみてください♪

ただ、服飾史の資料では前結びのスタイルが一般的に紹介されているのに、ドラマではだいたい後ろ結びですね。
これは個人的な予想ですが、前結びだと「花魁?」と言ってくるひとがいるからなのかなーと(私がそう言われたことがあるので💦)。

↓よくあるお太鼓結び。

3.着丈(長さ)

写真ではわかりにくいかもしれませんが、着物の丈の長さも違います。
今では自分の身長と同じくらいの丈の着物(つまり首~頭分だけ長い)を着るのに、ウエスト部分に「おはしょり」という折り返し(タック)を作って帯でとめます。
このおはしょりのおかげでいろんなサイズのものを調節して着られるわけですが、
昔は布が貴重だったためか、おはしょりはありませんでした。

↓帯の下に少し折り返した部分があるの、わかるかな?

あまりわかりやすい写真がなかったのですが、
違いがわかりましたでしょうか💦

8/20(日)の小机城イベントでの浴衣レンタルでは、この戦国風アレンジ着付けをする予定です♪
↓横浜で戦国体験しちゃいましょう!!
http://mushadokoro.com/2017kozukue/200