タグ別アーカイブ: 戦国

戦国時代風アレンジ浴衣!

浴衣を中世(室町~戦国時代)っぽくアレンジして着てみました。
( >> read this article in English)

ポイントは3つ!

1.衿を抜かない

通常、着物を着る時には首と後ろ衿(えり)の間にこぶし1個分程度のスペースを空けます。
こうしてうなじをきれいに見せるのが「粋」ということになるのですが、これは実は比較的新しい着方。
江戸時代初期くらいまでは女性は髪をアップにしていなかったので、衿は男性のように首にぴったりつけて着ていました。

衿を抜くと、こんな感じ↓

2.帯の太さと結ぶ位置

今では30㎝程度の帯を半分に折って、もしくは15㎝程度の半幅帯を後ろで結ぶのが一般的ですが、
江戸時代初期までは帯は細帯でした。
戦国時代以前を舞台にした大河ドラマ(いまやっている「直虎」も!)の女性たちの帯にぜひ注目してみてください♪

ただ、服飾史の資料では前結びのスタイルが一般的に紹介されているのに、ドラマではだいたい後ろ結びですね。
これは個人的な予想ですが、前結びだと「花魁?」と言ってくるひとがいるからなのかなーと(私がそう言われたことがあるので💦)。

↓よくあるお太鼓結び。

3.着丈(長さ)

写真ではわかりにくいかもしれませんが、着物の丈の長さも違います。
今では自分の身長と同じくらいの丈の着物(つまり首~頭分だけ長い)を着るのに、ウエスト部分に「おはしょり」という折り返し(タック)を作って帯でとめます。
このおはしょりのおかげでいろんなサイズのものを調節して着られるわけですが、
昔は布が貴重だったためか、おはしょりはありませんでした。

↓帯の下に少し折り返した部分があるの、わかるかな?

あまりわかりやすい写真がなかったのですが、
違いがわかりましたでしょうか💦

8/20(日)の小机城イベントでの浴衣レンタルでは、この戦国風アレンジ着付けをする予定です♪
↓横浜で戦国体験しちゃいましょう!!
http://mushadokoro.com/2017kozukue/200

 

夏のオススメ!浴衣花火&戦国まつり

さてさて皆さま、梅雨が明けて夏本番に入りましたね!
夏のご予定はお決まりでしょうか?😁

今日は2つのオススメイベントをご紹介します!

7/30(日) 夏浴衣×手持ち花火イベント

着物組主催の季節イベント、浴衣花火は来週末です!
和装推奨ですが、洋服での参加もOK。
スイカ割りも予定されていますよ♪

《日時》
2017/7/30 (日) 18:30~20:30

《場所》
北千住駅荒川河川敷 千住新橋野球場周辺

詳しくはこちら↓
【着物組】第16回☆夏の夜、浴衣で手持ち花火♪

🔸着物組ホームページ
🔸着物組FBページ

8/20(日) 戦国体験まつり

小机城の”続日本100名城”選定記念イベントにて、武者所が【戦国体験】をプロデュースします!

🔷武者所プロデュースのオリジナル戦国フード&ドリンク、
ハンドメイドデザイナーグッズの販売、
🔷戦国時代風の和装や甲冑の着付け体験&写真コーナー、
🔷話題の本物忍者軍団による忍者体験
などなど

戦国時代や侍、忍者、和ものが好きな方がワクワクする空間をお届けします!

私は戦国時代風スタイルの浴衣レンタルブースにいる予定です😄

子どもはもちろん、大人もワクワクな戦国体験。
ぜひ、ご家族やお友達と遊びにいらしてください♪

《日時》
2017/8/20 (日) 11:00〜18:30

《場所》
JR横浜線 小机駅前広場

お奉行さまやお麗さん↑にも会えるよ♪
忍者や武者のみなさんとも写真撮れます!

💠武者所ホームページ
💠武者所Facebookページ

 

 

同時開催の小机城フォーラムはこちら↓