タグ別アーカイブ: 文化

英語手話も一緒に☆"My Valentine"、私の特別なひと。

今日はヴァレンタイン・デーということで、
ポール・マッカートニーの”My Valentine“の動画です。

このMVではなんと、ナタリー・ポートマンとジョニー・デップが歌詞を手話で👏伝えています!

Paul McCartney’s ‘My Valentine’ Featuring Natalie Portman and Johnny Depp

音声+手話があるから内容がわかりやすいかな。
手話は言語(地域?文化?)によって違うそう。
日本の「愛する人」とか「愛してる」はこぶしをもう一方の手で「よしよし」するような仕草なのですが、
英語(アメリカ)だと、「愛」は腕を胸の前でクロスする、相手を抱きしめるような形になんですよね。

私としては、0:42付近の”As days and nights….“のところの手話表現に「なるほど~!」と感動しました。
昼と夜・・・太陽の動きを表しているような動きです。

他にも、0:16 “We didn’t care”(気にしない)とか、
1:11 “for life”(一生)の表現も面白かったですよ。
ぜひ歌詞に注意しながら見てみてくださいな。

歌詞>>Paul McCartney’s ‘My Valentine’

この”My Valentine”は、手話ではハートマークで表されていますね。
「愛するひと」「大事なひと」と言ってもいいんだけど、
「特別なひと」の方が合うかなーと思いまする。
何故かというと、この言葉は両想いの相手という感じがあるから。

告白の表現で、
Be my valentine.
Will you be my valentine?
「私の特別な人になって」という表現があるんです。
こんな感じで、メッセージカードにも使われたりして。

val

日本のヴァレンタインは女性からが基本というイメージですが、
英語圏では男女どちらからでもOKです。
(他の地域ではどうなんだろう?)

恋愛に限らず、家族やお世話になっている人に贈り物をするようですが、
日本の「義理チョコ」的な残念感はなく、
広い意味での「愛」や「感謝」を伝える日、という感じがします。

恋愛の「愛」じゃなくても、愛を伝えられたら嬉しいじゃーないですかにゃはっ♪

ではでは、素敵な週末をお過ごしくださいませバイバイ

 

ドイツ人と文通中☆手書き文字やら切手やら

少~~~~~~~~~~しずつドイツ語を勉強していて、
昨年くらいから日本語勉強中のドイツの方と文通をしています。

もうだいぶ日本語がうまい方で、手書き文字を読む練習をしているとのこと。
確かに、ネイティブの書く文字ってオリジナルの形になっていたりして、
学習者には結構読みにくいのですよね。
(アルファベットのネイティブ文字はこの記事にたくさん画像を載せました♪
ネイティブっぽい字?~個性的なアルファベットたち~

私のドイツ語はまだまだ初心者すぎるので、主に日本語でやりとりをしています。
初めてのお手紙では、こんな注釈つきのドイツ語を書いてくれました!

読めるかな?
60歳くらいの方の手書きです。
I(大文字アイ)とl(小文字エル)の書き分けとして、”l”(エル)はクニャッとしています。ぐにゃ
「大体分かる」の「分」の上にある単語の最後の文字がlです。

海外からのお手紙は、切手を見るのも面白いですよね。

こんな切手だったことも。

これ、化粧のBefore & After みたいじゃない?笑

さてさて、私は今月末に旅行でスペインとドイツに行くのですが、
その時にこのペンパルさんと初めて会います
日本人の奥さまにもお会いできるかな?
宿は、ペンパルさんに紹介してもらった日本好きの女の子のおうちに泊まらせてもらうことになりそうです!キャー感謝。
スペインでは15年近く会っていない親友と再開するので、そちらも楽しみで~すわーい

ネイティブっぽい字?~個性的なアルファベットたち~

先日、知り合いの英国人が私の手書き文字(英語)を見て
😲 「えっ、これあなたが書いたの?
日本人の字じゃないみたい。英語ネイティブの字みたい

と言っていました・ ・ ・

彼女曰く、日本語話者の書く欧文文字はかなり独特で、
見ると日本の人だとだいたいわかるとのこと。
たしかに私も、「漢字文化圏の人か、欧文字文化圏の人か」というのはだいたいわかるように思います。

では、日本の方にはあまり馴染みがないと思われるネイティブの文字の実例を見てみましょう。

写真 2016-02-15 12 29 16 写真 2016-02-15 12 29 13

左:大学の英語の授業で出した小論文への先生(アメリカ人)のコメント
右:アイルランド留学の時に留学友達(主にスペイン人、イタリア人)に書いてもらったメッセージ

左の先生の字は、割と読みやすくてよくある癖のタイプだと思います。
右のメッセージ集は、本当に個性豊か~!
同じ”アルファベット”でも、国(というか文化圏)によってまた違う雰囲気があると思います。

ブリジットジョーンズの日記(舞台は英国)は、こんな感じ。
BJ's handwriting

かなり読みやすい筆跡。
nやrの最初の縦棒があまり長くないというところが日本人には読みづらいかも?

こちらは、ハリーポッターシリーズでハーマイオニーを演じたエマ・ワトソンの直筆文字!


最後に”Emma”って書いてあるところのEの形がカワイイ。
sの形が大文字のLに似ていますね。
それから、kは日本人だと2画か3画で書く人が多いと思いますが、
1画で書くとこんな感じになります。(一番最初の”Dear Jake”のkに注目)

他にも、このサイトに手書きメモがいっぱいあります⇒Passive-Aggressive note.com

英語圏以外では、それぞれで独特なアルファベットの書き方があったりします。

フランスフランスは、欧州内でもダントツの美文字意識の高い文化圏だと思います。
語学留学した時に、フランス人の授業ノートの文字がものすごく装飾的でびっくらしました笑
とにかくクルクルしてます リンク→pkフランス語筆記体
実際の手書き文字例はこちらを見てみて! リンク→pkフランス語の筆記体実例

ドイツドイツでは、時代によって学校で教わる書体が違ったそう。

ドイツと書体に関する複雑な背景はここでは割愛しますが、とっても興味深いです。

さてさて、後半は主に「お手本文字」でしたが、
欧文字ネイティブの筆跡、いかがだったでしょうか。
日本人の書くアルファベットとは明らかに区別できますよね。

それぞれの特徴を挙げてみると・ ・ ・

一般的な日本人の書くアルファベットは、文字が1字1字独立していることが多いのと、
お手本に忠実な字の形がほとんど。
「書写」の文化があるからだと思います。
習った「書き順」と「形」をしっかり守って書いている感じ。

一方で、アルファベット圏の人はお手本をそのまま真似して書いたようなスタイルは稀。
筆記体まではいかないけど、文字につながりがあることが多い。
人によっては、「お手本」とはかなり違う独特の形なことも。

小文字の を R の小さいので書いている人がいたり、
小文字のe を の逆で書いている人がいたり。

学校の先生が黒板に書くときでも、ですよ!
「先生は模範的な字を書くもの」という感覚ではないのですね。
文字に対する意識の違いを感じます。

ちなみに、私の手書きアルファベットはこんな感じです・・
my handwriting
エマ・トンプソンによるピーターラビットのスピンオフ物語の冒頭です。
普段の手書きの感じをお見せするために、あえてキレイに書いていません・・💦

特に一般的なアルファベットと違う書き方はしていないので、
つなげ方が「ネイティブっぽい」と思われたのかな・・・と思います・・・たぶん😌

 


この記事に興味のある方にオススメ

LINEスタンプの英語 part2:見ないと・・・#FOMO?!

前回の記事「LINEスタンプの英語:JKは英語だとどんな意味?!」の続きです。
LINEスタンプの英語(こういうのね↓)の意味、第2段。

写真 2016-02-15 13 01 52

ではでは早速、解説ターイム

逃げる ASAP
As Soon As Possible(=できるだけ早く)の頭語ね。
そのままアルファベット読みで「エー・エス・エー・ピー」と読んでもいいし、
「エイサーップ!」って言ってもいいし、
「アサップ」って言う人もいるみたい。
会話で使ってもいいけど、主にメールやメモで使いますね。

手 DAT
ダーット。これは”that”が訛った形。
“th”の音を使わないのは日本人だけではないんだけど、
それをサ行やザ行では言わずに、TやDで置き換えるのが通じるポイント
Thanks.は、「サンクス」より「タンクス」の方が通じるってコトです。
Thanksは幼児語では「ター」っていいます。ウィンク

これ、使うとしたら日本語で言うところの「それだ!」とか「それな」って言いたい時かな。

ひゃっほ~♪ BAD ASS
バーッド・アース。「やばかっこいい!」って感じかな。
「タフ」っていう意味もあるそうな。
Assって肛も○っていう意味で、基本的には良くない意味なんだけど、
日本語の「やばい」みたいに今では肯定的な意味にも使われているのね。
ちなみにassは名詞だけど、”That is a bad-ass ~”のように形容詞的にも使えるもよう。
より文法的な形としては、形容詞では”bad-assed”という形もあります・・一応!

アハハ・・・ DERP
ダ-プ。「あ~ぁ」「うわー」というような感じ。
割と小さいミスをしちゃった時に使う小さなつぶやきみたいなもので、
「携帯持ってくるの忘れちゃった。あーあ」の「あーあ」です。

コアリズム EDM
エレクトリック・ダンス・ミュージックの略だそうだけど・・・
そんなの一体いつスタンプで使うというのだろう、、、

エレキ DUB STEP
これも音楽のジャンルの一種だそうな。
私はこのあたり全然詳しくないんだけど、
ハードコア・テクノとかエレクトリックな感じで、
電子音が入るようなものなのだとか・・・?

泣 FML
F○ck My Life.の頭語。
Derpよりも比較的大きな失敗、上手くいかなかったことに対して、
「も~やだ!」というような感じ。
「大事な書類を間違えて捨てちゃった!も~~やだ~!」とかね。

きゃっ DOPE
ドウプ!これも「やばカッコイイ!」
「ドーピング」の「ドープ」で、麻薬だとか間抜けだとか、もともと良い意味ではないんだけど、
言い方やシチュエーションによっては上記のようなポジティブな意味になるのね。

太陽(ブルック)・希美・希空(ワンワン) FAM
“family”が短くなった言い方。
すっごく仲の良い友達に”We’re like FAM”って言うのに使えるっていうけど、
LINEで使うとしたら・・・「めっちゃ同感!(家族みたいに近く感じるくらいよくわかるよ)」っていうようなニュアンスかなぁ?
使い道がイマイチわからないものの1つ(笑)

 FYI
For Your Informationの頭語。
補足情報を追加をしたい時にメールなどでよく使います。
「これも知っておくと良いかも」みたいな感じかな。

考え中 HMM
「ふーむ・・・」「う~ん・・・」って考えている時の声ね。

きゃっ FOMO
フォーモー。Fear Of Missing Outの頭語。
「仲間はずれになりたくない」という気持ちのこと。
「特に○○したいわけではないんだけど、
すごく盛り上がっててみんな行くみたいだし・・・
#FOMO(仲間はずれ感を感じるのは嫌だから○○するか・・・)」
という感じかな。
タイトルにも入れてみたけど、そんな大きな意味はありません笑

FOMOに関する動画を2つご紹介。
字幕をonにすると英語のスクリプトつきで聴けますよん。

自動字幕で”this”が”death”になっていたのにちょっとウケちゃったほっとした顔
この動画は比較的問題ない方だけど、自動字幕は完璧ではないので、
耳での聞き取りでも補ってくださいな。

こちらはTEDのスピーチ。

I hope you enjoy them! ウィンク

スコットランドの英語、音楽、風景を楽しめる『メリダ』!

最近はアイルランド英語系のお話が続きましたが、
今日はスコットランド英語を楽しめる映画をご紹介しま~す!

ディズニーxピクサーの『メリダとおそろしの森』 (原題は“Brave”)。
風景、服装、言葉、音楽などにケルトやスコットランド要素たっぷり。
リュートとハープを弾くシーンもありますよん。

予告編の音楽はバリバリ映画音楽っぽいけど、
劇中ではケルト系音楽が楽しめますよ♪
バグパイプやイーリアンパイプ、ケルティックハープ、ホイッスル、フィドルなどなど。

英語の訛りは、発音よりイントネーションが面白かったです。
スコットランド独特の抑揚(上がり下がり)があって、
個人的な印象としては、日本語でいうところの東北っぽいイメージ。

0:42付近に出てくる、
If you had a chance to change your fate, would you?
というメリダの言葉のイントネーションにご注目あれ。
「もしあなたの宿命を変えられるとしたら、あなたはどうする?(変える?)」

この映画では、スコットランド系に”お約束”の
「(訛りがきつくて)何言ってんだかわかんないヤツ」も登場(0:35付近)
直後に”What“って聞き返されてます^^;
本編中に何度か彼が発言するシーンがあるんだけど、
周囲にポカーンとされたり、
「あいつ何って言ってた?」「さぁ」と、スコットランド人同士でも理解されないという・・・

この人ね↓

この話し方はDoricというスコットランドの一部地域で実際に話されている方言で、
この声優さんはそれを親戚から教わったそうな。
これは、ネイティブでも何を言っているのか本当にわからない領域です

スコットランドの音楽、言語、音楽、風景、衣装、中世に興味のある人にとってもオススメ!