タグ別アーカイブ: 文化

レポ:あじさい祭&サムライ体験!in 日野高幡不動 レポ

梅雨入りが嘘のように晴れて暑くなった6月10日。
着物組の「和さんぽ」チームとして、
【あじさい祭 & サムライ体験!in 日野高幡不動】を開催しました!

今回の特別ゲスト、全国で活躍されている郷土史家の「お奉行さま」のお姿を見て、
参加者のみなさんのテンションが一気に上がりました~!
お奉行衆の「お麗さん」のくノ一姿もとっても素敵で、
みなさんお二人とのお写真をたくさん撮られていました(^^)

高幡不動尊

さて、一行はまずは高幡不動尊へ。
高幡不動は関東三大不動の1つで、とても境内が広く見どころもたくさん。
何時間でも楽しめちゃうのですが、今回はあじさいを楽しみながら土方歳三像、五重塔、大師堂、大日堂周辺を和気藹々とお散歩しました。


 

高幡不動尊は土方家の菩提寺ということで土方歳三像が有名ですが、
他にも榎本武揚や大鳥圭介など土方さんと共に活躍した方たちゆかりの品が展示室にあるなど、
幕末史や新選組が好きな方には外せないスポットの1つです。
今回は幕末好きの私が日野と新選組についてガイドさせていただき、
そして郷土史家のお奉行さまにはさらに遡って戦国、鎌倉、平安期などの日野についてもお話いただきました。
日野は、深い!!


休憩を終えた一行は名物(?)のたい焼きをほおばり、いざサムライ体験へ!

新選組のふるさと歴史館

バスで「新選組のふるさと歴史館」へ向かいます。
バス移動は遠足みたいで、みんなウキウキでした♪
歴史館ではスタッフの方に袴や羽織の着付けをしていただき、撮影ターイム!!

 

刀剣大好きな日野ガイドのOさんがいつものようにアングルや刀の構えなどにこだわって撮ってくださいました(^^)
いつも温かく迎えてくださるスタッフのみなさんに感謝です(o^^o)

二階の企画展では、「描かれた新選組」の第四弾で、
新選組が取り上げられた絵や小説、ドラマ、マンガ、ゲームなどについての展示が楽しめました。期間限定で沖田総司の刀剣「大和守安定」も展示されていたので、
刀剣好きさんは萌え萌えだったのではないでしょうか( ^ω^ )

当初はここで終了の予定でしたが、
ほとんどの方が「日野宿本陣」にも興味があるとのことだったので、そこから本陣へ。

日野宿本陣

「日野宿本陣」は甲州街道沿いにある邸宅で、参勤交代などの際に要人が休憩、宿泊していたところです。
土方歳三の義兄である佐藤彦五郎が名主として住んでおり、
天然理心流の道場を開き、のちに新選組で土方さんの盟友となる近藤勇や沖田総司なども出入りしていました。
ここでは日野ガイドの方のご案内で見学ができるのですが、ガイドの方によって違った見方のお話が聞けるので、何度行っても面白いです。

この本陣で、和さんぽ終了~
と思いきや?!

日野駅へ向かう途中にまだあるのですよ、スポットが。
それは、八坂神社。スポットがあるとご紹介したくなっちゃう・・・
ということで、簡単に天然理心流と八坂神社のお話をしました。
ここは御朱印もおもしろいですよ。

そして日野駅に着いて、今度こそ「おつかれさまでしたー!!」
また、たい焼きを食べるみなさん(笑)。
ウキウキいっぱい。笑顔いっぱいの、素敵なイベントになりました。

みなさんのお写真・ご感想

イベントページに参加者の方が続々とお写真や「楽しかった」との感想をシェアしてくださり、
感謝です!
https://www.facebook.com/events/1336234853080904/

今回の和コーディネート

予想最高気温32度?!という信じられないような情報にガクブルだったわたくし。
着物+袴は無謀なので、浴衣+”なんちゃって袴”なコーディネートにしてみました(写真右)。

「これ、袴?!」って何度もつっこまれましたが、
これ、洋服です!

GUの「イージーリボンパラッツォパンツ」。
かなり袴っぽいので和服との相性抜群!
動きやすいし、薄いのでこの時期快適で、とってもオススメです!!
島根旅行でサイクリングの時にもはきました♪

着物や浴衣と着る時には、着物・浴衣のすそを膝くらいの丈になるように着ます。
(おはしょりがかなり大きくなる感じです。)
帯はせずに、私はコーリンベルトでとめるだけ。
暑くない日はゴムの伊達締めをしてたけど、コーリンベルトだけで十分そうです。
その上からパラッツォパンツをはきます。

着物アレンジについてはまた別記事で紹介しますね。

着物組 「和さんぽ」チーム

着物組「和さんぽ」チームでは、月1~隔月のペースで「和を感じられるところを気軽に楽しもう」という企画をしていきます。
今回は解説ガイドつきでしたが、もっとゆる~くみんなでおしゃべりしながらブラブラお散歩するだけ~な企画もやっていきます。
「まだ着物を着たことがないけれど、和な雰囲気は好き!」という方にも気軽に参加していただけたらと思っています。
ぜひぜひ、着物組のFacebookページでイベントをチェックしてください♪

【着物組】
和さんぽ以外にも、
着物好きさん、着物ビギナーさんたちのためのいろんなイベントがあります。
こちらからどうぞ♪
https://www.facebook.com/kimonogumijapan/


Special t

hanks to:
武者所 お奉行さま ✨

郷土史研究家・演出家であるお奉行さまは、全国の歴史系イベントや町おこしなどでご活躍されています。
これから様々な形で一緒に活動していけそうで、楽しみです😊
どうぞご期待ください✨

和さんぽ:あじさい祭&サムライ体験!in 日野高幡不動

さてさて、しょっちゅう「日野って素敵だよ~!」と言いまくっている私ですが、
ついに日野をご案内するイベントを企画しました!
その名も、

「気軽に和さんぽ」presents:あじさい祭&サムライ体験!in 日野高幡不動

《日時》6月10日(土) 12:30~15時くらい
《場所》日野市の高幡不動尊&新選組のふるさと歴史館

和さんぽって?

「気軽に和さんぽ」は「着物組」という着物の普及活動をしているグループで私が発案した企画です。
“和もの”が好きな方を広く対象として、
和を感じる空間を気軽に楽しもう♪というものです。

和装推奨ですが、着物でなくても大丈夫!
着物を着たことがない人にとっては、
「和空間と和装って素敵だな。着てみようかな」と思うきっかけになったり、
着物が好きな人にとっては、
着物を着ておでかけする機会、そして着物好きの仲間を作る機会になればと考えています。


今回描いたこのロゴには、和もの好きさんたちの「輪」が重なり、
着物好きさんにつながって、「輪」が広がっていきますように、
という想いを込めました。

今回の和さんぽエリアは・・・

新選組ゆかりの地「日野・高幡不動」です!
日野は、中央線で新宿から西に30分ほど行ったところにある郊外ののどかな街。ここは新選組副長の土方歳三や六番隊組長の井上源三郎の故郷であったことなどから、「新選組のふるさと」と呼ばれています。(日野と新選組について詳しくはこちらの記事へ

日野にはゆかりの寺社や子孫の方が運営している資料館など様々な見どころがありますが、
今回はその中でも「あじさい祭」開催中の高幡不動尊と、
新選組の隊服を着てサムライ体験ができる新選組のふるさと歴史館をメインにご紹介します♪

 

和装も洋装もあります♪

詳細&お申し込み

イベントの詳細・お申し込みは、こちらのfacebookイベントページから⬇

あじさい祭&サムライ体験!in 日野高幡不動

facebookをやっていない方は、メールにて参加申し込み承ります。
kimonogumi.wasampo ★ gmail.com (★を@に変えたアドレス)宛に、
お名前、連絡先(当日連絡のつくメールアドレス)、参加希望のイベント名を明記してメールをお送りください。

英語手話も一緒に☆"My Valentine"、私の特別なひと。

今日はヴァレンタイン・デーということで、
ポール・マッカートニーの”My Valentine“の動画です。

このMVではなんと、ナタリー・ポートマンとジョニー・デップが歌詞を手話で👏伝えています!

Paul McCartney’s ‘My Valentine’ Featuring Natalie Portman and Johnny Depp

音声+手話があるから内容がわかりやすいかな。
手話は言語(地域?文化?)によって違うそう。
日本の「愛する人」とか「愛してる」はこぶしをもう一方の手で「よしよし」するような仕草なのですが、
英語(アメリカ)だと、「愛」は腕を胸の前でクロスする、相手を抱きしめるような形になんですよね。

私としては、0:42付近の”As days and nights….“のところの手話表現に「なるほど~!」と感動しました。
昼と夜・・・太陽の動きを表しているような動きです。

他にも、0:16 “We didn’t care”(気にしない)とか、
1:11 “for life”(一生)の表現も面白かったですよ。
ぜひ歌詞に注意しながら見てみてくださいな。

歌詞>>Paul McCartney’s ‘My Valentine’

この”My Valentine”は、手話ではハートマークで表されていますね。
「愛するひと」「大事なひと」と言ってもいいんだけど、
「特別なひと」の方が合うかなーと思いまする。
何故かというと、この言葉は両想いの相手という感じがあるから。

告白の表現で、
Be my valentine.
Will you be my valentine?
「私の特別な人になって」という表現があるんです。
こんな感じで、メッセージカードにも使われたりして。

val

日本のヴァレンタインは女性からが基本というイメージですが、
英語圏では男女どちらからでもOKです。
(他の地域ではどうなんだろう?)

恋愛に限らず、家族やお世話になっている人に贈り物をするようですが、
日本の「義理チョコ」的な残念感はなく、
広い意味での「愛」や「感謝」を伝える日、という感じがします。

恋愛の「愛」じゃなくても、愛を伝えられたら嬉しいじゃーないですかにゃはっ♪

ではでは、素敵な週末をお過ごしくださいませバイバイ

 

ドイツ人と文通中☆手書き文字やら切手やら

少~~~~~~~~~~しずつドイツ語を勉強していて、
昨年くらいから日本語勉強中のドイツの方と文通をしています。

もうだいぶ日本語がうまい方で、手書き文字を読む練習をしているとのこと。
確かに、ネイティブの書く文字ってオリジナルの形になっていたりして、
学習者には結構読みにくいのですよね。
(アルファベットのネイティブ文字はこの記事にたくさん画像を載せました♪
ネイティブっぽい字?~個性的なアルファベットたち~

私のドイツ語はまだまだ初心者すぎるので、主に日本語でやりとりをしています。
初めてのお手紙では、こんな注釈つきのドイツ語を書いてくれました!

読めるかな?
60歳くらいの方の手書きです。
I(大文字アイ)とl(小文字エル)の書き分けとして、”l”(エル)はクニャッとしています。ぐにゃ
「大体分かる」の「分」の上にある単語の最後の文字がlです。

海外からのお手紙は、切手を見るのも面白いですよね。

こんな切手だったことも。

これ、化粧のBefore & After みたいじゃない?笑

さてさて、私は今月末に旅行でスペインとドイツに行くのですが、
その時にこのペンパルさんと初めて会います
日本人の奥さまにもお会いできるかな?
宿は、ペンパルさんに紹介してもらった日本好きの女の子のおうちに泊まらせてもらうことになりそうです!キャー感謝。
スペインでは15年近く会っていない親友と再開するので、そちらも楽しみで~すわーい

ネイティブっぽい字?~個性的なアルファベットたち~

先日、知り合いの英国人が私の手書き文字(英語)を見て
😲 「えっ、これあなたが書いたの?
日本人の字じゃないみたい。英語ネイティブの字みたい

と言っていました・ ・ ・

彼女曰く、日本語話者の書く欧文文字はかなり独特で、
見ると日本の人だとだいたいわかるとのこと。
たしかに私も、「漢字文化圏の人か、欧文字文化圏の人か」というのはだいたいわかるように思います。

では、日本の方にはあまり馴染みがないと思われるネイティブの文字の実例を見てみましょう。

写真 2016-02-15 12 29 16 写真 2016-02-15 12 29 13

左:大学の英語の授業で出した小論文への先生(アメリカ人)のコメント
右:アイルランド留学の時に留学友達(主にスペイン人、イタリア人)に書いてもらったメッセージ

左の先生の字は、割と読みやすくてよくある癖のタイプだと思います。
右のメッセージ集は、本当に個性豊か~!
同じ”アルファベット”でも、国(というか文化圏)によってまた違う雰囲気があると思います。

ブリジットジョーンズの日記(舞台は英国)は、こんな感じ。
BJ's handwriting

かなり読みやすい筆跡。
nやrの最初の縦棒があまり長くないというところが日本人には読みづらいかも?

こちらは、ハリーポッターシリーズでハーマイオニーを演じたエマ・ワトソンの直筆文字!


最後に”Emma”って書いてあるところのEの形がカワイイ。
sの形が大文字のLに似ていますね。
それから、kは日本人だと2画か3画で書く人が多いと思いますが、
1画で書くとこんな感じになります。(一番最初の”Dear Jake”のkに注目)

他にも、このサイトに手書きメモがいっぱいあります⇒Passive-Aggressive note.com

英語圏以外では、それぞれで独特なアルファベットの書き方があったりします。

フランスフランスは、欧州内でもダントツの美文字意識の高い文化圏だと思います。
語学留学した時に、フランス人の授業ノートの文字がものすごく装飾的でびっくらしました笑
とにかくクルクルしてます リンク→pkフランス語筆記体
実際の手書き文字例はこちらを見てみて! リンク→pkフランス語の筆記体実例

ドイツドイツでは、時代によって学校で教わる書体が違ったそう。

ドイツと書体に関する複雑な背景はここでは割愛しますが、とっても興味深いです。

さてさて、後半は主に「お手本文字」でしたが、
欧文字ネイティブの筆跡、いかがだったでしょうか。
日本人の書くアルファベットとは明らかに区別できますよね。

それぞれの特徴を挙げてみると・ ・ ・

一般的な日本人の書くアルファベットは、文字が1字1字独立していることが多いのと、
お手本に忠実な字の形がほとんど。
「書写」の文化があるからだと思います。
習った「書き順」と「形」をしっかり守って書いている感じ。

一方で、アルファベット圏の人はお手本をそのまま真似して書いたようなスタイルは稀。
筆記体まではいかないけど、文字につながりがあることが多い。
人によっては、「お手本」とはかなり違う独特の形なことも。

小文字の を R の小さいので書いている人がいたり、
小文字のe を の逆で書いている人がいたり。

学校の先生が黒板に書くときでも、ですよ!
「先生は模範的な字を書くもの」という感覚ではないのですね。
文字に対する意識の違いを感じます。

ちなみに、私の手書きアルファベットはこんな感じです・・
my handwriting
エマ・トンプソンによるピーターラビットのスピンオフ物語の冒頭です。
普段の手書きの感じをお見せするために、あえてキレイに書いていません・・💦

特に一般的なアルファベットと違う書き方はしていないので、
つなげ方が「ネイティブっぽい」と思われたのかな・・・と思います・・・たぶん😌

 


この記事に興味のある方にオススメ