タグ別アーカイブ:

イギリスでの出逢いと奇跡2

この記事の続きで、イギリス一人旅の2日目。

「今日は別のところに泊まろう!」と思い立ち、
観光しやすい場所で、駅から近くて、リーズナブル価格ということで、
London Bridgeの近くにあるSt Christopher’s Inn に泊まることに。

1日目に泊まったホステルよりもキレイだし明るくていい感じだ~!
と思って部屋に入ったら・・・

「ドミトリー」という複数人でシェアするタイプの部屋なんですが、

4人部屋でなんと、

私以外の3人が大学生くらいの男性グループ

 

えぇっ!
4人部屋で残り3人男ってありえないでしょ!!げっそり

しかもグループ!
しかもベッド近っ!!

 

あそこしか空いてなかったのかな~はぁ・・・
当日予約だから仕方ないのかな~はぁ・・・

夜、ミュージカル『レ・ミゼラブル』を見てからホステルに帰ってきて、
「う~んうう」とぐにゃぐにゃ考えながらラウンジで一人で日記を書いていたら、

外人 「あなた、一人で来てるの?」

と声をかけられました。
スペイン語訛りの英語を話す、小柄な女の子。

私が昨日着いたばかりだと答えると、

外人  「へぇ!私も一人で旅行してるの。よかったら、明日一緒に観光しない?」

わぉ!お~

彼女の名前は、通称フィオ
チリから来ていて、当時たしか18歳くらい。
ヨーロッパを一人旅中で、イギリスの前にも何カ国か周っていたそう。

外人  「あなたの部屋はどこ?」

にゅ  「3階なんだけどね、4人部屋で3人アメリカ人の男なんだよ~。
それで、どうしようかと思ってたところでさぁはぁ・・・

外人  「えっ、そうなの?
私の部屋は8人部屋で、ベッド空いてるよ!
4人部屋より8人部屋の方が安いし、
私と同じ部屋に変えてもらいなよ!ふん

なんと!!他の部屋が空いてると?!しかも安いの?!
なぬー!ショック

迷わず速攻でフロントで交渉。
無事フィオと同じ部屋にしてもらって、早速荷物を移動しました。

8人部屋はベッドとベッドの間隔が広いし、
人数が多い分、一人ひとりのことがあまり気にならないおんぷ♪

フィオに大感謝!!
フィオとの出逢いに乾杯!!カンパイ

夜は2人で「明日どこ行こうか~」という話に。
フィオは一人旅に慣れていたので、

「私が旅の仕方ってもんを教えてあげるわ!」
と、めっちゃ先輩モード。

 

彼女の旅方法は、

 1.まず、その街の詳細な地図を手に入れる。
(ガイドブックの地図は詳しくないからダメ。)

 2.ガイドブックや観光案内などを見て、行きたい所をリストアップ。

 3.その場所を地図上で印をつける。(丸で囲むとか)

 4.現在地から印をつけた全てのところに上手く周れるルートを考える。

 5.それを実行する。

という超効率的なもの。

旅慣れていなかった私は、素直に「なるほどぉ~お~」と感動。

その後は彼女の母国語であるスペイン語の話などをして
(大学でちょっとスペイン語をやっていたので、当時はまだ少し覚えてた)
安心してゆっくり寝ました。

フィオと同じ部屋になれて、本当に良かった~おんぷ♪
このフィオとの出逢いは、私にとってとっても意味のあるものでした。
部屋のトラブルを解決するきっかけになってくれただけでなく、
私にたくさんの気づきを与えてくれたんです。

3日目以降のお話も、まだまだドキドキが続きますっ!

■関連記事
・ イギリスでの出逢いと奇跡1
・ イギリスでの出逢いと奇跡2 (この記事)
・ イギリスでの出逢いと奇跡3
・ イギリスでの出逢いと奇跡4
・ イギリスでの出逢いと奇跡5
・ イギリスでの出逢いと奇跡6

 

 

イギリスでの出逢いと奇跡1

私に大きな影響を与えた土地、それはイギリスです。
イギリスとの縁はとても不思議。

flag-uk

初めてイギリスに行ったのは、大学3年になる直前の3月。
格安航空チケットに(特に行く気もないのに)応募してみたら当たって、
「え、1週間イギリス行くことになっちゃった。ど~しよ~かなぁ💦」という感じでした。

なんと、ANAの成田~ロンドン直行便で往復4万円!!
ありえない仰天価格!

これが、1つめの奇跡でした。

初めての完全一人旅。
もともと行くつもりなんてなかったのでな~んにも考えていなくて、
そのまま無計画に出発した私。

そして、予想しない事態が・・・

それは・ ・ ・

飛行機酔いガクリ

最後の最後の着陸時。あれが苦手なんですよ。
アイルランドに行った時も酔ったくせに、
なぜ酔い止めを持っていかなかったんだろう・・

今となっては不思議ですが、これが2つめの出逢いと奇跡を起こしました。

みんなが飛行機を降りて行った後もなかなか立てずに席でうずくまっていた私に、
CAさんが「大丈夫ですか?」と声をかけてくれました。

しーん。「今は立って歩けそうにないので、少し休ませてもらえませんか?」

CAさん「申し訳ございません。当機はすぐに移動しなければならないので、
このままこちらでお休みになっていただくことはできないのです。
車椅子をご用意できますが、車椅子でのご移動は大丈夫そうですか?」

しーん。「わかりました。お願いします・・・」

そして、機内に「車椅子を用意してください」というアナウンスが流れたんですが、
その時に「20代の女性のお客様が体調不良のため・・・・」というアナウンスを聞いて、
「あぁ、ちゃんと20代に見られて良かったなぁ」なんてアホなことを思ったのを覚えています😌

車椅子で運ばれ、飛行機と空港をつなぐ通路のすぐ出たところで休んでいると、
「大丈夫ですか?」と、なんと機長さんパイロットまでが心配して来て下さいました💦

パイロット 「誰か、外で待ってる人いる?」
しーん。 「いいえ、一人です」
パイロット 「イギリスは何回か来ているの?」
しーん。 「いいえ、初めてです」
パイロット 「今日泊まるところは・・・?」
しーん。 「着いてから決めるつもりで・・・」
パイロット 「えっ」

なんと無謀な娘だ!!と思われたのでしょう・・・

ここからがびっくりなんですが、
この後、この機長さんは私が歩けるようになってからも私の荷物を全部運んでくれて、
入国審査(←イギリスは結構厳しい)も一緒にササッと済ませて、
空港にあるホテルの予約カウンターに連れて行ってくれて、
「どんなところがいい?」と私の希望を聞いて、
ホテルの予約までしてくれたんです!!

パイロット 「地下鉄は、あそこが入り口だよ。
この最寄り駅は今工事で閉鎖中だから、
こっちの駅で降りて歩いてね。大丈夫?」
と、最後の最後まで面倒見てくれて・・・・

機長さん・・・😭
長時間のフライトで機長さんも疲れているはずなのに、
見ず知らずの無計画娘のためにこんなに親切にしてくれるなんて・・・

感謝と感動で胸がいっぱいになりながら、お礼を言って機長さんとお別れ。

旅は、これからが始まり。
さっきまで車椅子だった私が、これからは自分の足で歩いていく。
さっきまで機長さんに持ってもらっていた荷物は、今私の上にある。
「ここからは、異国の地で一人で自分の力で歩いていくんだなぁ」としみじみ思いました。

この後も、イギリスの出逢いと奇跡は続きます。

To be continued…