タグ別アーカイブ: 英語

好きな英語アクセントランキング!(地域編★第3位)

以前『セクシーな英語アクセントランキング☆』という記事で、
世界のいろんな訛りの英語の人気ランキングを紹介しましたが、
こちらは私の好きなアクセントのランキングです。

今回は、TOP3のうち、第3位ーーーーーーー!!😆

どん!!

 

irish-844928_640

アイルランド東部(主に首都ダブリン)の英語です!

「アイルランドで英語を学びました」というと、
「なんでアイルランド??訛りがキツイんじゃないの??」っていう反応をされることが多々。
たしかに訛りはあるけど、ダブリンはわからないほどキツくないし、
響きがやわらかくてかわいいです!

アイルランド英語の特徴

ミツバ語頭以外のTの息の勢いが弱く、”シュ”に近く聞こえる←これがカワイイ!
ミツバ“th”がつぶれて「ティ」というような音になる。日本人には超ラク!
ミツバ「エ」の発音が「ア」に近い。”any”→「アニィ」。anybody→「アニボディー」。
ミツバ「ア」の発音が「オ」に近い。Irelandは「オイアランド」っぽくなる。
(これは結構人によると思う)
ミツバ早口で、他の地域の英語よりも単語がつながりやすい。
“What do you mean…?”⇒「ウォッジュミーン?」
ミツバRは、いわゆるアメリカ英語のような舌を上げるあ~る。
(アイルランド訛りのRがアメリカ英語の元になったと言われています)
ミツバ他の子音の発音はイギリスと同系統。語末の/d/は/t/っぽくなるとか。

ダブリンっ子のTop Youtuberさんの動画で聞いてみましょう・・・

⭐️特徴が出ているチェックポイント⭐️
0:05 andのd →あンt
0:10 anything like that →あにぃthing
0:17 first time →firstのirの発音はアメリカ英語と同じ。
0:30 so much →so むぉっch

最初に言っている”Hello guys and dolls!”の”dolls”は、
アイルランドのスラングで”girls”という意味です。

この動画だとちょっと「よそ行き」っぽい話し方で、
パキパキしてて結構イギリス英語チックな感じ。

同じ人だけど、こちらの方がアイルランドっぽさが出てる。
(最初ちょっと騒がしいので、0:35くらいから見ることをオススメ)

⭐️特徴が出ているチェックポイント⭐️
0:50 Do you know… →ジューknow…
1:06 about →abouしゅ
1:29 things →てぃngs
1:39 overcome →overこme
1:46 anyway →あにぃway

tの発音はshのように弱い時もあれば、
イギリスRPのように鋭い時もあり(これは意識している人だと思う)、
アメリカのように日本語のラ行に近い発音をすることもある・・・それがアイルランド。

今回わざわざ「アイルランドの東」と言ったのですが、
西はどうなのかというと・・・

アイルランド西部の英語

私が2度目に留学した西部の町Mayo(メイヨ)のアクセントをご紹介。
この地域は結構訛りが強いです!

Tの発音が「シュ」っぽくなるなどの上記の特徴は、西の方が顕著。
さらに、口元をあまり動かさないでモゴモゴ話すのが特徴だと思います。
(特に下唇というか、下顎。キーラ・ナイトレイの口の動かし方に似てるかも。)

そのあたりに注目して見てみてくださいな☆

1個目はわかりやすめのをみつば

2個目はこれ・・・これはかなりキツイのでは?!

私はこの発音に慣れたから1つ目は大丈夫だけど、
2つ目はよく注意しないと難しい・・
慣れていないとネイティブでも「これって英語??」ってなってしまうのが西部訛り。

「アイルランド英語」というテーマで他にもいろいろ紹介しているので、
ぜひ見てみてください😊

第2位と第1位は別記事に続きまーす😉

Polyglotに憧れて

Polyglot [ポリグロット] (名詞):多言語話者
・・・それは、横浜に生まれて日本語的にも(方言がなくて)モノリンガルであった私の、
子どもの頃からの憧れで、夢。

languages

今の私は実用レベルでは日本語標準語と英語の2言語を話せるので、
そういう意味では所謂「バイリンガル」。
イギリス英語とアメリカ英語の切り替えができるという意味では「トライリンガル」かな?
あとは日常会話程度のスペイン語と、少~しのドイツ語、オランダ語、イタリア語を”知っている”ので、
そんなレベルも含めたら「マルチリンガル」もしくは「ポリグロット」と言えないこともないのですが、
いやいや、世の中にはもっともっとハイレベルにもっともっと多くの言語を操れる人がいるのですよねぇ。

私はよく寝る前にスマホでラジオやポッドキャストを聴いているのですが、
このポッドキャストを聞いた日はワクワクし過ぎて眠れなくなりました!(笑)
332. Olly Richards: English Polyglot – Top Advice and Strategies for Language Learning

英語学習に関するPodcastを配信している”Luke’s English Podcast“のLukeさんと、
日本語を含む8か国語を操る英国人ポリグロット”I will TeachYou a Language“のOllyさんの対談です。
(2人ともロンドン出身なので、イギリス英語好きな人はぜひ聞いてみて :) )

多言語話者と言っても、
西洋言語話者が似たような西洋言語を複数話せるというのはそんなに驚きではないと思うんですが、
この人は全く異なる言語体系である日本語、中国語、アラビア語もできるというのだから本当にすごい!
しかも、すべて大人になってから学習したというのです。
この記事には「彼は、【大人でも、特別な才能がなくても、忙しくても、その言語の国に住んでいなくても、言語は習得できる】という”living proof“だ」と書かれています。
Living proof – 生き証人、ですね。

ちなみに、同記事の中には”language proof”という表現も出てきますが、
こちらのproofは「証明」という意味ではありません。
「耐水」という意味の”water proof”の”proof”の用法と同じで、
“language proof”といえば「言語を全く受け付けない」⇒「語学の才能ゼロ」ということです。
Ollyは、「(先天的な)学習障害がない限りは、language proofな人はないだろう」と言っています。

ポッドキャストの中でとても興味深かった発言は、
2つの言語を同時に学ぶのは、もう1つ別の言語を学ぶのと同じ感じ。
言語Aと言語B、そしてAとBの行き来(使い分け)の練習、の3つになる」というものでした。
行き来の練習というのはやったことがなくて、なるほど~と思いました。
私の場合、1つの言語がある程度のレベルにならないうちに別のものをやると、
(しかもそれが近い言語だと)混ざりやすくて苦労するというのを経験したことがあって、
それを避けるために、ある言語Aを勉強する時にはそれ以外の言語Bや言語Cに触れるのをストップしていたのですが、
そうするとせっかく前に習得したBやCの力がどんどん落ちてしまうのですよね。😢
大変だけど、「行き来の練習」をすることというのが複数言語の力をキープするコツなのですね~。
Ollyは、ある1つの文を他の言語それぞれで何というかな~という言いかえを電車の中などでやっているそうです。

一番興奮したのは、OllyがLondonで”Polyglot Pub“というイベントをやっているという話!
Polyglot Pubは言語交換(練習)ではなく、言語好きが言語について語り合う場だというのですが、
それってまさに、私が始めたコミュニティー「ことのわ」と一緒なんです!(≧▽≦)
イベントの写真を見たらすごく盛況な感じでした。
私はPolyglotとしてはまだまだだけど、ロンドンに行ったらぜひぜひ参加したいと思っています😁
(最近「イギリスに行ったらやりたいこと」が増えすぎて、一回の渡英ではこなしきれない予感が・・・(笑))

ことのわ」は多言語話者でなくても、言語好きさんならOKな集まりですので、
ぜひお気軽にご参加ください😉

“If it’s alright ○○ you”には、何を入れる?

coworkers

英語で「もしあなたがよければ・・」と言おうと思うと、
いくつかのヴァリエーションがあります。

If it’s alright ○○ you, …

あなたなら、ここにどんな前置詞を入れますか?
(ちなみに、alrightはall rightと書いても同じ意味です。)

ここには、3つの可能性が考えられます。

  1. If it’s alright for you..
  2. If it’s alright with you..
  3. If it’s alright by you..

日本人の英語学習者だと、1 for youが一番最初に出てきやすいかな?という気がします。
It is ~ for you to ~.という構文を学習しているので、
響き的に慣れているのでしょう。
(e.g. It’s easy for you to play the piano. あなたにとってはピアノを弾くことは簡単です。)
でも実は、この3つの中では1が一番使用頻度が少ないです。

イギリスのネイティブに聞くと、10人中全員が
「どれも大した差はないけど、forはあんまり使わないかな~」
という回答でした。

では、どのようにニュアンスや使い方が異なるか、見てみましょう。

まず、この中で一番よく使われるのは2の with youです!
こんなヴァリエーションで使えますね。

  • If it’s all right with you…
  • If it’s fine with you…
  • If it’s okay with you…

これは、相手に「もしあなたが反対しなければ」という確認をする感じです。
許可を得るようなニュアンスがあるので、
友人はもちろん、上司に使うこともできます。

I’d like to take a day off tomorrow if it’s all right with you.
もしよろしければ(問題がなければ)、明日休暇を取りたいのですが・・

Could you show me that document if it’s all right with you?
もしよければ、あの資料を見せていただけますか。

そして、3のby youはこのwith youと同じ使い方ができます!
ニュアンスとしては、ちょっとビジネスライクになる感じでしょうか・・・
ある友人(イギリス人)は、「if it’s alright by youと言うとネイティブっぽい感じがする」と言っていましたが、
それは学習者はあまり耳慣れなくて使うことが少ないからだと思います。

NHKの「しごとの基礎英語」で、このような文が紹介されていました。

If starting at noon is all right by you, it would be an honor to accompany you to the cafe.
午後からでよろしければ、喜んでそのカフェへご案内させていただきます。

さて、ではforの場合はどうでしょう。

forは、このように使います。

How about meeting at the station at 3 pm if it’s fine for you?
もしよければ(都合が悪くなければ)、3時に駅待ち合わせでどうですか?

I’d like to go to a Chinese restaurant if it’s okay for you.
もしよければ(嫌でなければ)、中華料理屋さんに行きたいと思っています。

これは、英語で言い換えると”if it suits you”、
つまり「この提案があなたの都合や好みと合えば」という感じです。
なので、このfor youを上のwith youの例のように上司に使うとおかしなことになりますね。

* I’d like to take a day off tomorrow if it’s all right for you.
(△) あなたが嫌でなければ、明日休みたいです。

逆に、withやbyは、この待ち合わせや食事屋さんの例文に入れても使えます。
こういった使用範囲の違いから、withやbyの方がネイティブに馴染みがあるのですね。

Is everything clear?
たまにはこういう英語情報もいいかな?

では、また☆

2/20英語朗読会を開催しました

昨日、オンライン英語サークルコトコト英語のイベントとして、
「コトコト☆ライブ英語朗読会」を開催しました。
スカイプの音声通話でのオンライン参加型イベントです。

まずは近況報告を英語でしてもらい、
そして短いフレーズごとにお手本に続いて音読するウォーミングアップからスタート。
これで頭と口を英語モードにします。
今回は、前回の朗読会で読んだ『ピーターラビットのおはなし』の前半部分を読みました。

peterrabbit

次に、参加者さん1人1人の朗読発表。
インターネットについての文章や、
「好きな音楽と性格の傾向のつながり」についての文章、
そして物語の一部の朗読があり、
内容についてのトークも盛り上がりました😊
そして、朗読についてのお互いのフィードバック”peer review”もします。

そして最後はお楽しみのリレー朗読🎵
物語をみんなでパートを分けて一緒に読んでいきます。
前回『ピーターラビットのおはなし』の前半を扱ったので、
今回は後半部分を読みました。

前回はいきなり英語版を読みましたが、
今回は日本語訳を読んで内容を理解してから英語朗読という流れにしてみました。

日本語版として読んだのは、
こちらで公開されている大久保ゆうさん翻訳の『あなうさピーターのおはなし』です。
全てのイラストが大きく載っているので、
ビジュアル的に楽しめるところもオススメ!

英語版は、こちらです。
The Tale of Petter Rabbit
ページがわかれているのがちょっと面倒なんですが、
こちらもイラストと文すべてが対応して掲載されていて良いです。

個々に朗読していただいてみなさんそれぞれの個性を味わうのも楽しいですし、
「一緒に読む」というのもアンサンブルのようでエキサイティングです。
ピーターラビットのおはなしは1ページごとの文が少ないのですが、
次回はもう少し長い単位でリレー朗読をして、
よりグルーヴ感を感じられるようにしたいと思います😊
セリフの多いものにして、英語声劇にするというのもいいかな~と考え中です☆

 

参加者の方からは、こんな感想をいただきました。
ありがとうございます!

次回は3月開催予定です。
英語を楽しみたい方、どうぞお気軽にコトコト英語にご参加ください♪
英語に限らず言語が好き!という方は、ぜひことのわへ☆

英語手話も一緒に☆"My Valentine"、私の特別なひと。

今日はヴァレンタイン・デーということで、
ポール・マッカートニーの”My Valentine“の動画です。

このMVではなんと、ナタリー・ポートマンとジョニー・デップが歌詞を手話で👏伝えています!

Paul McCartney’s ‘My Valentine’ Featuring Natalie Portman and Johnny Depp

音声+手話があるから内容がわかりやすいかな。
手話は言語(地域?文化?)によって違うそう。
日本の「愛する人」とか「愛してる」はこぶしをもう一方の手で「よしよし」するような仕草なのですが、
英語(アメリカ)だと、「愛」は腕を胸の前でクロスする、相手を抱きしめるような形になんですよね。

私としては、0:42付近の”As days and nights….“のところの手話表現に「なるほど~!」と感動しました。
昼と夜・・・太陽の動きを表しているような動きです。

他にも、0:16 “We didn’t care”(気にしない)とか、
1:11 “for life”(一生)の表現も面白かったですよ。
ぜひ歌詞に注意しながら見てみてくださいな。

歌詞>>Paul McCartney’s ‘My Valentine’

この”My Valentine”は、手話ではハートマークで表されていますね。
「愛するひと」「大事なひと」と言ってもいいんだけど、
「特別なひと」の方が合うかなーと思いまする。
何故かというと、この言葉は両想いの相手という感じがあるから。

告白の表現で、
Be my valentine.
Will you be my valentine?
「私の特別な人になって」という表現があるんです。
こんな感じで、メッセージカードにも使われたりして。

val

日本のヴァレンタインは女性からが基本というイメージですが、
英語圏では男女どちらからでもOKです。
(他の地域ではどうなんだろう?)

恋愛に限らず、家族やお世話になっている人に贈り物をするようですが、
日本の「義理チョコ」的な残念感はなく、
広い意味での「愛」や「感謝」を伝える日、という感じがします。

恋愛の「愛」じゃなくても、愛を伝えられたら嬉しいじゃーないですかにゃはっ♪

ではでは、素敵な週末をお過ごしくださいませバイバイ