楽譜の拍子記号「3/4」は英語でなんて言う?

英語で音楽♪というカテゴリを作ってみました!
私の生徒さんには音楽をやっている人が多いので、
音楽用語やアンサンブルで使う英語について聞かれることがあります。

私は楽典が得意じゃないのでそっち系の話になると頭がグルグルしちゃうのですが(笑)、
自分の勉強も兼ねて、昨日質問のあった「拍子記号は英語でどう読むの?」について書いてみます。

拍子記号というのは、4/4、3/4、6/8とかっていう、分数みたいなアレです!
(雑な説明だけど伝わるよね。。)

でもこれ、分数の場合と拍子記号の場合とでは読み方が違うんですね。
こちらの超イギリス英語な動画で聴いてみましょう。

はい、かなりイギリス風味バリバリの英語ですが、いかがでしょう?
拍子記号の読み方は聞き取れたかな?
(この動画の自動字幕はかなりミスが多いので、あまり参考にならないかも。)

最初に出てくる拍子記号は4/4。
これを”four four“と読んでいますね。
これだとどっちが先だかわからないけど、
次に出てくる2/4は”two four“と読んでいるので、
上から順に数字を言えばいいということがわかりますね!

これは分数の読み方とは違うので要注意。

さて、序盤の説明で何度も出てきている「クロチェット」とは、
イギリス crotchet = 四分音符音符04のこと。
アメリカアメリカ英語の場合はquarter noteと言います。

他の種類もまとめておきます。
長い音符から見ると(アメリカ英語の方は)わかりやすいです。

音符01全音符
イギリス semi breve (セミ・ブリーヴ)
アメリカ full note / whole note

音符02 二分音符
イギリス minim  (ミニム)
アメリカ half note

音符04四分音符
イギリス crotchet
アメリカ quarter note

音符08八分音符
イギリス quaver (クェイヴァー)
アメリカ eighth note

アメリカ英語の方がわかりやすいのですが、
イギリス英語の方は昔の記譜法での音符の呼び方の名残が残っていて趣があるという感じですねぇ。

0:47あたりにある拍子記号の説明の最も基本的なところだけ取り出すと、

It’s the top number 4 / that tells you /  how many beats / there are / in a bar,
and it’s the bottom number / which tells you / what kind of notes / we are counting.
and four represents / the crochet beat.

ノート beat 拍  bar 小節  note 音符  represent 表す

この記事はかなり長くなってきたので細かい文法解説はしませんが、
意味のカタマリごとにスラッシュ「/」を入れておいたので、
参考にしてくださいな。

1行目のthatと2行目のwhichはどちらも関係代名詞というやつで、
前にあるnumberに説明をくっつけるためのものです。

「上の数字4は1小節に何拍あるかを表していて、
下の数字はどの音符で数えるかを表しています。
下の数字が4なら、四分音符で数えるということです」ということね。

これで、拍子記号の読み方と音符の名前はわかりましたね!!にゅ

お役に立てば嬉しいです!キャー

楽譜の拍子記号「3/4」は英語でなんて言う?」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 【英語で音楽】まんなかの「ド」は何の真ん中? | 世界で遊ぶ♪英語と古楽

Leave a comment: